FC2ブログ

宇都宮けんじさんが清瀬に

   IMG_4076.jpg

東京都知事選挙が始まりました。
6月23日(火)には、清瀬駅北口に宇都宮けんじ都知事候補が!
多くの市民の熱いエールに応えました。

佐々木あつ子市議の司会で始まった街頭演説。
応援弁士には、池田いづみ元清瀬市長候補、小林二男外語大名誉教授、立憲民主党の宮原りえ市議、日本共産党の原のり子都議、宮本徹 衆院議員。
多くの市民が横断幕や手作りのグッズを作って、真剣に宇都宮けんじさんの訴えに聴き入りました。

演説の様子は、宇都宮さんの動画をぜひご覧ください。

   IMG_4071.jpg

   IMG_4035-2.jpg
     都知事選の直前13日に行ったスタンディング宣伝で。原のり子都議が訴え


スポンサーサイト



宇都宮けんじさんを都知事に!

6月22日月曜日、清瀬に初めての宣伝カーが入りました。
清瀬市では 、告示直前の14 日に 「宇都宮けんじさんを東京都知事にしよう ! キックオフ集会」を開催 。
野党と市民の共同を広げるために 「都政を変えよう清瀬市民の会」を立ち上げています。

そのメンバーで子どもの居場所づくりに関わる福本真紀さん(社会福祉士)が子どもの貧困の実態、ジェンダー平等の課題に触れ、 「宇都宮さんの姿に励まされ、政治に関わり、発言しようと思った」と 訴え 。
市長候補としてたたかった池田 いずみ氏も一緒にプラスターをもってスタンディグ。
  IMG_4070.jpg
     マイクで訴える福本さん 右隣が池田さん

立憲民主党の市議の宮原 りえさんは、 開口一番 「こうして共産党と立憲が並んでたてることを、本当に嬉しく思う 」
「大学院で学びながらも、氷河期で仕事がない世代。苦しい境遇にあったからこそ、政治家になろうと思い今がある」
「声なき声を拾い上げてきた宇都宮けんじさんこそ、公正な社会を築ける人だ」と 演説しました。
   IMG_4069.jpg
       立憲民主党の宮原 市議

原のり子都議、宮本徹 衆院議員も、都政、国政の実態から、都知事選で宇都宮さんを勝利させ、政治を変えようと 訴えました。
応援スタッフ は約 80 人。バスを待つ人たちも真剣に耳を傾けていました 。

   IMG_4068.jpg
     原 のり子都議

   IMG_4067.jpg
     宮本徹 衆院議員

都政を変えよう清瀬市民の会

都政では、カジノ誘致や羽田飛行ルート、また都立、公社病院を都の直営から切り離す「独立行政法人化」などの問題が山積しています。
14日、みんなの力で都政を変えよう!キックオフ集会が開催され、目前に迫った都知事選挙にとりくむため「都政を変えよう清瀬市民の会」の立ち上げが確認されました。
集会では、都立病院の拡充を求める連絡会の氏家祥夫氏を講師に学習会が行われました。

   IMG_4043.jpg

冒頭、昨年の清瀬市長選をたたかった池田いづみさんが挨拶。
都知事選挙に立候補を予定している宇都宮けんじさんが、市長選のときにも応援に駆けつけてくれたことを紹介しながら、みんなの力で押し上げようと呼びかけました。
会場参加者からも発言があり、元教員だった方が教育に与える都政の影響について、大学生の方が学生の置かれている苦境やLGBTQ支援とパートナーシップ条例を実現したいこと、高齢者の方はコロナ禍で介護崩壊も起きていること、など、都政を変えたいという想いが縷々述べられました。

都議の原のり子さんも駆けつけ、挨拶。
いつもと議会を傍聴していた宇都宮さんの姿を紹介し、都政をよく見て分析している人であること、決してパフォーマンスではない信頼できる人だと話しました。

   IMG_4044.jpg

氏家氏は、新型コロナ感染拡大で、PCR検査の遅れを指摘し、18道府県の知事が積極的な感染拡大防止戦略が必要だと緊急提案していると述べました。
そのうえで、東京都は2022年までに、都立病院、公社病院を独法化すると計画しているが、新型コロナウィルス感染症対策で重要な役割を果たしているのがこれらの病院だと述べ、「第一種の感染症対応は平時からベッドを開けておかなければならない、赤字を覚悟で経営できているのは都立病院だから」と強調。

また、宇都宮けんじさんと、現職の小池百合子知事の政策を比較しながら、「まさに都民の生存権がかかった選挙であり、今後の経済・社会に大きく影響をもたらす選挙になる」と指摘。
20年続いた新自由主義の都政から、憲法25条と地方自治の本来の役割=いのちと暮らしを守り、豊かにする都政への大きな転換を図る選挙だと強調しました。

  IMG_4041.jpg



原のり子都政報告会

原のり子都議会議員の都政報告会を開催します。
ぜひ、ご参加下さい!

  IMG_3396.jpg

台風19号災害への救援募金にご協力を

10月12日に、大雨の特別警報が発令され、清瀬でも避難勧告が出る事態となった台風19号。
全国各地に、甚大な被害をもたらしています。

お亡くなりになられた方々にお悔やみと、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

日本共産党は直ちに各地の現地調査に入り、実態の把握と必要な対策についてまとめ、行政や政府に届ける取り組みを広げています。同時に、救援募金を呼びかけています。ぜひご協力ください。

【郵便振替の場合は】
▼口座番号00170―9―140321
▼加入者氏名 日本共産党災害募金係 
*通信欄に「台風災害募金」とご記入ください(手数料はご負担願います)。

    IMG_3212.jpg
      翌日13日、清瀬駅北口で、募金活動を行いました

清瀬市内では、大きな被害は免れました。
市によると、道路冠水とそれに伴う通行止めは4か所ありました。
その一つである、新小金井街道のファミリーマート前付近では、車両2台が水没する被害がありました。

避難所は6か所で開設されましたが、12日の20時の時点では、合計652人の方が避難し、一夜を過ごされました。
(清瀬小100人、三中113人、四中189人、中清戸市民センター41人、松山市民センター50人、野塩市民センター159人)
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード