FC2ブログ

市長に緊急要求を提出

     08072905-01.jpg


 29日、市長に補正予算に対する緊急要求(以下参照)を提出し、物価高騰が市民の家計を直撃しているときだからこそ、くらしを支える施策をすすめるように求めました。

【要望】
1、子ども医療費について、東京都は中学卒業時までの無料化に向けて、市町村と協議をおこなうことを都議会で明らかにしました。都との協議をすすめて、09年度から無料化を実施すること。

2、第二中学校の大規模改修を09年度に実施すること。

3、市立小中学校の給食費の保護者負担を引き上げないこと。

4、都外のグループホームで暮らす清瀬市出身の障がい者に対する家賃補助を引き続きおこなうこと。

 市長から、「子ども医療費の無料化については、石原知事の公約でもあるので、実現できる用に都の支援を求めたい」「給食費は今年度中は値上げをしない。来年度のことはまだわからない」など表明がありました。

 
スポンサーサイト



貧困ひろげる政治の転換を 久米川で演説会

23日、夕方から久米川駅において、日本共産党の街頭演説会がありました。
猛暑がつづくなか、足を止めて聞いていただいたみなさんに感謝します。

訴えは、日本共産党の東京20区国政相談室長の、池田 真理子さんと、
党政策委員長である、小池 晃 参議院議員でした。

IMG_1910.gif

いつ解散・総選挙があってもおかしくないほど、政治は混迷をきわめている、と切り出した小池さんは、この間の派遣労働のひどい実態を告発し、キャノンなど大手企業が直接雇用に切り替えてきたことを報告、「大企業が人を部品のように扱い、使い捨てる、いのちを粗末にするような社会を変えよう」と訴えました。

また、物価高で大変なくらしを強いられる中で
「福田さんは、消費税の増税を言い始めた。国民が苦しんでいるときに、消費税増税を口にするだけで、首相失格ではありませんか」

「大企業は一円も負担しない消費税を、社会保障の財源に使うなど、許せません。
大企業の税負担を増やすと海外に逃げるというが、ヨーロッパでは、日本の大企業は、約2倍の税金を払って立派に仕事をしている。
負担能力はあります。
負担能力がなく、海外にも逃げられない庶民から、税金をかき集めるのは、政治のやることではありません」と。
駅前にあつまった人々からは、「自分の言いたいことを言ってくれた」とばかりに拍手が起こりました。

今度の総選挙は、政治の中身をどう変えるのか、問われます。
自民党と民主党は、「総選挙までは、連立の話はしない」
 ・・・「でも、総選挙の後は、避けられない」

別々の「木」に見えても、地下では「根」がしっかりとつながっている2大政党の姿を示しています。

西武バスと障がい者団体が懇談会

23日、西武バスと3つの障がい者団体との利用者懇談会がありました。毎年行われているもので、公共交通機関である西武バスへ、具体的な要求や改善を伝え、一緒に考える貴重な場所となっています。

IMG_1907.gif

清瀬市に関係する内容で、要旨を紹介します。
○コミュニティバスに、車いす2台が乗れるように要請を
 →現在のバス「日野ポンチョ」。西武バスとしても日野自動車に改善を要請しているが、現在のバスの大きさでは、困難という事情がある。
○ノンステップバスの増車を(以下、今年度の予定)
 →清瀬駅南口~武蔵小金井駅 代替車両でノンステップ2台の導入を予定
  清瀬駅南口~下里団地・花小金井駅 代替でノンステップ1台の導入を予定
  清瀬駅南口~滝山営業所 代替でノンステップ2台の導入を予定
  清瀬駅北口~台田団地 代替でノンステップ1台(中型バス)の導入を予定
○バスベイと屋根の設置を
 →社会事業大学前や梅園1丁目のバス停、東京病院玄関前バス停に縁石を(車いすでの乗降が困難なため)など。要請は西武としてもしているが、難しいとの回答。

その他、ストレッチャータイプの車いすを利用する方が、西武バスの利用を安全面の理由から断られている問題について、話し合いもされました。

この方は、通院などには移送サービスを利用しているが、一回に6千円も費用がかかるとのこと。以前は乗れていた西武バスに乗れるように・・・との切実な訴えでした。

社会参加を保障するには、まだまだたくさんのバリアがあることを痛感します。

こんにちは畠山まことです No.93

 「こんにちは畠山まことです No.93」を発行しました。PDFファイルはここから

オリンピック招致は税金の無駄遣い
生存権の保障、震災・温暖化防止対策の充実を

五輪関連投資は9兆2千億円に
 共産党都議団は石原知事がオリンピック招致を表明した2005 年9 月を起点としてオリンピック関連投資を試算したところ、招致経費150億円、晴海のメインスタジアムなど競技場建設、インフラ整備などで総額9 兆2000 億円にものぼることを発表しました。
 貧困と格差の拡大がとりわけ顕著な東京において、いま、都政が最優先にとりくむべきことは、オリンピック招致や巨大開発に税金を浪費することではなく、福祉、医療、介護、教育など都民の暮らしを守る施策こそ充実すべきです。見解を伺います。
【答弁】
 いま東京都は、法人税収入が伸びて財政的に見れば余裕が出てきている。都市として活性化のためにインフラ整備も必要。
 第1次選考で1番の評価をもらったので、ぜひ招致してほしい。

生活扶助基準の引き下げに反対を
 厚労省は生活扶助基準の引き下げを検討しています。生活扶助基準以下の生活を余儀なくされている人が多数存在する現状において、現実の所得の少ない階層の収入や支出を根拠に生活扶助基準を引き下げることになれば、生存権の保障水準を際限なく引き下げていくこととなります。
 生活保護利用者だけでなく、所得の少ない市民の生活に重大な影響を及ぼす引き下げはおこなうべきではありません。見解を伺います。
【答弁】
 生活扶助基準の改定に際しては、地域の実情をふまえた慎重な対応をはかるよう、要望していく。

保育園などでの震災対策について
 保育園と学童クラブは、どちらも園児、児童の生活の場となっていますが、建物の耐震
化と、ガラス飛散防止、備品などの転倒・落下対策の状況などについて、答弁を求めます。
【答弁】
 保育園・学童クラブでは、毎月避難誘導訓練を実施しています。
 保育園の蛍光灯は割れた場合飛び散らないよう、全園で非飛散型を導入しています。窓ガラスも同様に非飛散型、若しくはフィルムで補強されたものを使用しています。
 いざ、大地震が起こった場合、保育園長をはじめ現場の職員は、子どもの安全確保を第一に速やかに行動します。

学校での震災対策について
 今年度の十小からはじまって、2010 年度までに校舎の耐震改修が完了する計画になっていますが、五中など校舎の劣化が進んでいる学校については大規模改修をあわせておこなうことを求め、見解を伺います。また、ガラス飛散防止、備品などの転倒・落下対策の状況について、答弁を求めます。
【答弁】
 小・中学校体育館の耐震化は今年度で完了する予定です。
 校舎については、今年度1校、2009 年度5校、2010 年度6校の工事を計画し、完了する予定です。
 校舎等のガラス飛散防止などについては、耐震化工事の中で強化ガラスに切り替えていますので、2010 年度までに完了予定です。
 図書室の書架等については、引き続き転倒防止金具を取り付けていく予定です。

市役所での対策について
 1973 年に建設された市役所は、日中多くの市民の方が訪れ、救援・復興の拠点となることから耐震診断をただちにおこない、早期に耐震改修をおこなうことを求めます。
【答弁】
 市役所の耐震化については、本年度後半で策定する実施計画のなかで、検討する必要があると考えています。

二酸化炭素排出の抑制を
 地方自治体としても温室効果ガスの削減に積極的に取り組む必要があります。事業所として市の07 年度の二酸化炭素排出量を明らかにすることを求めます。
【答弁】
 現在市の二酸化炭素排出量の全量については把握できていないが、市が使用した「電気・ガス・ガソリン」の3項目での年間二酸化炭素排出量は、2006 年度549,230kgCO2、2007 年度590,741 kgCO2 となり、7.5%増となっています。この要因は、気候、土曜窓口、情報機器の充実等によるもので、エネルギー消費の削減、ゴミの減量、資源の再利用、エコカーなどの導入により、温室効果ガス削減をめざしていきたいと考えています。また、環境カレンダー作成については、前向きに検討します。

清戸の獅子舞

 きょう午後3時から、中清戸2丁目の日枝神社で「清戸の獅子舞」がおこなわれました。(午後7時から、2回目がおこなわれます。)

 この獅子舞は清瀬市無形民俗文化財です。
 戦国期に八王子城主で柳瀬滝の城を支城とした北条氏照が武運長久を祈り奉納したことにはじまり、中清戸で五穀豊穣、厄除けの祭りになったといいます。

 この「舞」は、山の神が行列の先頭を舞いながら進み、雌獅子・中獅子・雄獅子 が太鼓をたたきながら笛の音に合わせて練り歩きます。

 日枝神社前で、笛と、歌に合わせて力強い舞がくり広げられます。その後、御嶽山、水天宮の社殿前でも舞がおこなわれました。

  08072001.jpg

  08072002.jpg

  08072003.jpg

  08072004.jpg

  08072005.jpg

清瀬第十小の大規模・耐震改修がはじまります

 きょう午前、臨時議会がおこなわれました。

 議案は、清瀬第十小の大規模・耐震改修の工事請負契約で、契約金額2億4675万円、施工業者・菊池建設、工事期間を11月20日までとするものでした。

 本来は、5月に落札をして夏休み中に、大方の工事をおこなうものでしたが、鋼材価格の高騰で、入札不調になっていたものです。
 予定価格を若干引き上げて、再度入札をおこない、ようやく業者が決まったものです。

 工期が11月までのびることで、騒音が出る工事はできるだけ夏休み中におこない、2学期がはじまったら子どもたちの授業に影響が出ないように計画をたてることなどを、理事者に求めました。

(きょうのヒマワリ) だいぶ咲きはじめました。
       080718_112421のコピー

19日から「清瀬ひまわりフェスティバル」がオープン

 清瀬市下清戸三丁目の2万平方メートルの農地で、今年はじめて試みとしてヒマワリを咲かせ、「清瀬ひまわりフェスティバル」が19日からおこなわれます。

 詳しくは、清瀬市のホームページをごらんください。

 近くの小学生も体験学習として種まきに参加しました。

 先ほど会場を見に行ったところ、生産農家の方や、市の職員が、フェスティバルのために会場整備などにあたっていました。

 今日のヒマワリの開花状況です。(一番咲いているところを撮っています

        080717_141221のコピー

ストップ!「戦争する国づくり」

     08071301.jpg


 13日、横須賀市のヴェルニー公園で、「原子力空母の配備を許すな 米軍基地の再編・強化反対!7.13全国大集会 in 横須賀」がおこなわれ、3万人以上が参加しました。わたしも、大集会、デモ行進に最後まで参加しました。

 志位委員長のあいさつから

     08071311.jpg


 参加者は、首都圏に限らず、遠くは大阪や福島からも参加し、「戦争する国づくり」をやめさせようと、30℃を超す熱さでしたが、それ以上に熱気と活気があふれる集会でした。

     08071310.jpg

 「自衛隊のイラク派兵は違憲」の判決を勝ち取った、「自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の会」代表の池住義憲さんが特別報告。


 大集会が行われている公園のすぐ横に、大集会が終わるまで停泊していた米軍ボート。何のためなのでしょう。
     08071314.jpg


後期高齢者医療制度はすみやかに廃止を

         080710_145133_convert_20080710171530.jpg


 10日午後、清瀬駅北口で、後期高齢者医療制度の廃止を求める清瀬連絡会が、国会請願署名を通行している方々に呼びかけました。わたしを含めて7人が参加し、60人以上の署名が集まりました。

「お年寄りを粗末にする政府・与党は許せない」
「年金も介護保険も後期高齢者医療制度も、すべて見直してほしい」
「首相や厚生労働大臣は、責任をとってやめてほしい」 etc.

 多くの方から、怒りの声が寄せられました。

男女平等参画社会社会をめざして

 8日午後、新日本婦人の会清瀬支部の常任委員のみなさんと議員団が、「男女平等推進プラン」(清瀬市が2008年に作成)を実効あるものとするために、意見交換をおこないました。

 2000年に「プラン」が作られていましたが、新たな推進プランでは、女性に対するあらゆる暴力の根絶に向けた取り組みの推進と、推進体制の強化に力点が置かれています。

 清瀬市の行った調査で、家庭生活や性差での意識実態や、DV被害の状況、ひとり親家庭の要望など、多岐にわたって実態が明らかになっています。

 意見交換の中では、まず知るために、推進プランの学習や、様々な段階での話し合い をおこなうことから、あらゆる暴力の根絶のうねりを作っていくことが必要と認識が一致しました。

 また、乳がん・子宮がん検診を積極的に受診していくことや、受けやすくするために、受診費用を「有料」から「無料」にすることを求めていきたいなど、活発に意見交換がおこなわれました。

市政報告会(中清戸地域市民センター)

     08070612.jpg



 6日午後、中清戸地域市民センターで市政報告会をおこないました。

 6月議会での取り組みを報告したあと、参加した市民の方と身近な問題や疑問に感じていることなど、懇談しました。

 中清戸都営団地で、64歳の方が自室で亡くなり、1ヵ月も発見されなかったことが、6月下旬にあったことから、孤独死問題に議論が集中しました。

 ○気の合う同士で声を掛け合うグループづくりや、○定期的な食事会で健康づくりもかねて近況を確認し合う、○異常を感じたときに声をかける近所付き合いなど、高齢者の消息を確認し安心してくらすために、活発な意見が出されました。

市政報告会(アミュー)

 2日、午後2時から、アミューで、6月市議会の報告会をおこない、21人の方が参加していただきました。

 6月市議会にのぞんだ党議員団の姿勢や、主な議案や意見書などについての発言につづいて、5人の議員から、委員会審議や一般質問の特徴点を各5分程度で報告しました。

 参加されたみなさんから、「男女平等推進プラン」「核兵器の廃絶」「国保税・住民税の年金天引き」「オリンピック招致」など、多彩な質問と要望が寄せられました。

 とくに、年金から、所得税・介護保険料につづいて、国民健康保険税(2008年10月)と住民税(2009年10月)が天引きされることに、強い怒りが示されました。

 国の来年度予算編成に向かって、後期高齢者医療制度の廃止、社会保障費の抑制路線の撤回、消費税の増税を止めるために、国民の力で政治を動かす取り組みを進めることを、あらためて決意しました。

 次回は、7月6日(日)14時~ 中清戸地域市民センター

 お気軽においで下さい。

紫陽花ロードパーク

あじさいが見ごろです。

    080626_ajisai4.jpg

 図書館どおり(清瀬高校~中央公園)の「紫陽花ロードパーク」。
昨年に植栽されたばかりですが、成長の早さに驚かされます。
私も植栽に参加した際、「こんなにいろいろな種類があるんだ」と思いましたが、実際に咲いたあじさいを見て歩いていると、種類が多く、どれもみごとな姿で、時間を忘れます。

          080627_ajisai2.jpg

    080627_ajisai3.jpg


ぜひみなさんも一度。
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード