FC2ブログ

新型インフルエンザ対策を市長に緊急要請

    09042801.jpg


 メキシコから広がった豚インフルエンザが、人から人への感染が増加して、WHOはフェーズ4と発表しました。
 これに伴い、国、東京都などで「対策本部」を設置して水際作戦などの対策をはじめています。

 28日午後、清瀬市長に対して、市としての対策と指定医療機関の増設について、緊急要請をおこないました。

 市長から、「27日に副市長を責任者にして、健康福祉部が事務局となる「全庁組織」を立ち上げ、対策をはじめている」「市民に感染者が出た場合には、市長が責任者になって感染拡大を食い止める」など回答がありました。

 新型インフルエンザが疑われるときには、保健所に相談して、指定医療機関で診察を受けることになります。そのため指定医療機関を充実することが、新型インフルエンザから都民を守るため、大変重要です。

 ところが指定医療機関は、北多摩北部医療圏で小平市の公立昭和病院だけで、発熱外来が集中する可能性があります。

 党議員団は、清瀬市内の国立東京病院と複十字病院が新型インフルエンザの指定医療機関になるように、市長から働きかけることを求めました。

 市長も、両病院とも機能がしっかりしており、ぜひ指定医療機関になるように要請したいとこたえました。
スポンサーサイト



派遣社員の直接雇用・正社員化で舛添厚労大臣と会談

 日本共産党の志位和夫委員長は14日、全国各地で派遣労働者が派 遣先企業への直接雇用・正社員化を求めて労働局に「申告」してい る問題で舛添要一厚生労働相と会談し、速やかな是正指導を行うよ う政府に申し入れました。小池晃政策委員長が同席しました。

    

theme : 日本共産党
genre : 政治・経済

北朝鮮ロケット問題の解決は外交努力こそ



    

theme : 日本共産党
genre : 政治・経済

市政報告会

    09041106.jpg


 きょう、共産党清瀬市議団が午後から3月市議会の報告会をおこないました。

 畠山市議団長から2009年度予算の特徴を報告。
 構造改革による増税と負担増に加え、金融危機の影響により雇用が悪化してときだからこそ、勤労世帯、業者、年金生活者のくらしを守るため、国保税等の値上げを避けることや、市内業者への支援などが必要。
 09年度予算では、値上げは見送られ、業者の仕事確保などが盛り込まれましたが、まだ経済的な支援が不足しています。そのうえ学童クラブの民営化が計画されていることは重大な問題。

 各市議から、一般質問や予算特別委員会などでの論戦の様子を報告しました。

 その後、参加された市民のみなさんから、
「定額給付金の申請手続きが難しすぎる」
「通学路を分断する都市計画道路の安全対策はどうなるの」
「市民の中で後期高齢者医療の保険料の滞納者はいるでしょうか」
「学力テストはやめてほしい」
「都道に安全な歩道の整備を」など多くの質問と要望をいただきました。

theme : 議会
genre : 政治・経済

認定方式の改悪で介護費削減・・・厚労省内部文書で明らかに

 日本共産党の小池晃参院議員は、介護保険の要介護認定方式の改悪(1日から実施)などで給付費を284億~384億円削減できると明記した内部文書を厚生労働省が作成していたことを、2日の参院厚生労働委員会で明らかにしました。


      

theme : 医療と行政
genre : 政治・経済

体験農園を訪問

         09040304.jpg


 3日、原市議(東久留米市)と一緒に、東久留米市滝山で体験農園「滝山農業塾』をおこなっている榎本さんを訪問しました。

 榎本さんは、「塾生は畑を耕し、何の種をまくのか自分たちで決め、優れた作物を作れるようになったので、立派な農業者」と話し、塾を卒業して田舎に帰って農業を継いだ人もいるとのことでした。

 また、榎本さんが第9小学校で食育の取り組みをしていることが、「がんばれ農業人」に紹介されています。

 都市農業を守ることの障害になっているのは、相続税のほかに後継者の問題があります。
 滝山農業塾では、榎本さんの畑の一部を使って、農業をしてみたいという人に技術指導をおこない、実際の農作業を体験しています。
 こうしたなかで、技術を持った「新農業人」をつくり、後継者難の解決の一助になっていました。

 温暖化防止の緑地としての農地と、安全でおいしい野菜、そして食育のためにも都市農業は大切な役割を持っています。

theme : 日本共産党
genre : 政治・経済

お花見に開放・・・全生園

    09033001.jpg


 東村山市にある国立療養所多摩全生園では、お花見の時期に敷地の一部(ハンセン病資料館の近く)を地域住民に開放しています。

 写真は30日のものですが、菜の花は満開で鮮やかな黄色が新鮮です。桜はこれからですが、週末が楽しみです。

 「ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発による偏見・差別の解消及び患者・元患者の名誉回復を図ることを目的」とするハンセン病資料館の展示を見てから、お花見を楽しみたいものです。
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード