FC2ブログ

九小跡地 地域住民のために活用を

清瀬東高校跡地を買うための財源の一部として、売却が予定されている九小跡地ですが、6月市議会で、地価が下がっているため今年度も売却はせず、建物の撤去を行い更地にする工事のみを行う予定ということがわかりました。

跡地利用に関しては、一部は売却せずに、隣接する旭が丘学童クラブ(旧第2学童クラブ)の園庭拡大のために活用することが決まっていますが、その他は何の取り決めも行われていません。「もう全部売ることに決まってしまった」と諦めるのはまだ早いのです。

全部を売却し、8億円ほどの財源に、と市は考えていますが、その一部を売却しないかどうかは市長の施策判断の範囲です。
私は、特別養護老人ホーム、グループホーム、あるいは保育園などの設置を6月市議会で求めましたが、市長は拒否しました。施策の基本的考え方の違いを今回も強く感じました。

跡地にお年寄りや若い親子が集える施設を実現できる可能性はまだ十分にあります。
来年は市長選挙と市議会議員選挙の年。九小跡地を地域住民のために活用できるよう、みなさんと声をあげていきたいと思います。
スポンサーサイト



UR賃貸住宅の民営化ストップを

6月17日、日本共産党東京都委員会は、UR都市再生機構の賃貸住宅(清瀬旭が丘団地、滝山団地、ひばりが丘団地、東久留米団地、清瀬駅前ハイツ、清瀬中清戸ハイツなど)を民営化しないよう国土交通省に要請しました。

100617_0022_convert_20100624190402.jpg

小池あきら参議院議員を先頭に、私(宇野かつまろ)も畠山まこと都政相談室長や各団地代表約30名とともに参加し、「公共住宅を拡充する政策への転換が必要」など要望しました。

私は「家賃は据え置かれても高止まり。住み続けられるかどうか不安は消えない。都営住宅に申し込んでも倍率は上がる一方で、当たらず、みんな困っている。公共住宅は民営化でなく、国が、きちんと拡充して、ヨーロッパのように、多くの人が入れるようにしていくべきです。」などと訴えました。
 

三多摩肢障協が総会

13日、三多摩肢体障害者協議会の第16回総会が行われました。
IMG_0295_convert_20100615120654.jpg

障害者自立支援法の廃止を約束した民主党が、5月末突然、国会で自民・公明が出した自立支援法「延命」法案に賛同して、衆議院での強行採決を行いました。
総会は怒りでいっぱい。その切実さを身に染みて感じました。

IMG_0296_convert_20100615120721.jpg
私・原田も「当事者と一緒に、新しい法律をつくろうと議論している真っ最中に、こんな形での法案提出、強行採決は許せない。参院選挙で審判を突きつけましょう」と挨拶しました。

マイクを握った参加者が次々と想いを話しました。
「民主党は顔をこちらに向けているようで、体は真反対を向いている」
「厚顔無恥。前代未聞の裏切りで許せない」
「強い社会保障って一体なんですか。障がい者をまたも無視して」
「政治家が決めることで私たちの明日は決まる。嘘やごまかしは許されない」

14日から国会会期末まで、毎日の国会への要請行動や集会が計画され、参議院での採決をさせない必死のとりくみが続きます。
もう梅雨入りの時期。「雨はつらいけど、万全の準備であきらめずにがんばろう。」
障がい者にこんな苦労をさせる国が他にあるでしょうか。

総会では、介護保険制度のもとで生活する高齢の障がい者の矛盾、困っているのだと多く指摘されました。
要介護度が「5」と最重度に認定されたTさん。「寝たきりのイメージがあるけど、私は電動車いすに乗って、こうやって総会にも来れる。そんな私のケアプランは立てにくい。障がいのある私には障がい福祉の支援を使えるようにしてほしい。」

驚いたのは、下写真の電動車いすの高性能。スウェーデン産で300万円はする代物。
IMG_0299_convert_20100615120750.jpg

介護保険で毎月のレンタル料は8000円もかかるそうです。
「それでもお金には換えられない。頭まで支える構造で、姿勢がよくなるから肩も首も腰の痛みもやわらぎ、楽になった。疲れたらリフトアップして寝て休むこともできる。これが欧米では無料で使えるのに、日本はお金次第。必要なら保障する社会にしたい」
本当にそのとおりです。

帰り際、男性が激励してくれました。
「がんばってね。小池あきらさんの議席は宝であり、私たちの命綱だから。」

国保 資格証は低所得者「除外」が実現

「国保税を払いたくても払えない低所得者から保険証を取り上げるべきじゃない」
国会での小池あきら参院議員の追求が清瀬市でも実を結び、5月、低所得の世帯に保険証が交付されました。

高すぎる国保税のために、滞納世帯は急増しています。
長期滞納した住民に対し、市は保険証をとりあげ、医療機関の窓口で10割負担となる資格証明書を交付。
収入はどうか、病気があるかなど、なぜ滞納に至っているかの調査もしないまま交付している実態が、3月市議会では大問題になりました。

せめて「払いたくても払えない」低所得者には交付すべきでない、との共産党の追求をうけ、今回市は、生活保護基準の1・2倍までの収入しかない世帯に、保険証を交付しました。
5月7日時点で121世帯だった資格証交付世帯は99世帯まで減少しました。 
医療を受ける権利をうばう資格証 縮小へ一歩前進です。

問答無用の資格証交付は全国的な問題であり、国会でも小池あきら参院議員が「厳しい催促で自殺に追い込まれた人もいる」「こんなやり方はやめるべきだ」と追求。
長妻厚労相が「(自治体に対し)慎重に対処するようお願いしている」と答えていました。
日本共産党は高すぎる国保税を、国としてせめて年1万円の引き下げをするよう提案しています。
一メートル一億円の外環道計画を見直せば十分に可能です。

紫陽花 咲き始めました

もうすぐ梅雨入りかと報じられるようになってきました。
中央公園の紫陽花も咲き始めています。

IMG_0268_convert_20100608225011.jpg

下の写真の紫陽花は、「柏葉あじさい」。
IMG_0269_convert_20100608225202.jpg

中央公園から清瀬高校までの図書館通りは、紫陽花ロードでもあります。
いろいろな種類の紫陽花が楽しめます。
IMG_0270_convert_20100608225448.jpg

南口地域にきよせ産野菜直売所

清瀬市の大きな産業である都市農業。
市役所となりの清瀬産野菜直売所「新鮮館」が好評ですが、6月から松山公園内(シルバー人材センターとなり)でも販売所が設けられ、スタートしました。
毎週土曜・日曜の午前8時30分から正午まで。

IMG_0260_convert_20100608220002_convert_20100608223826.jpg

市内の有志農家の協力で、とれたて新鮮野菜を生産者の方々が自ら販売します。
初日の5日は、約300人の方々が訪れたとのこと。
私は6日の朝9時半頃、買い物に行きましたが、多くのお客さんでにぎわい、すでにトマトやとうもろこし、人参は売れ切れていました…。
IMG_0261_convert_20100608223940.jpg

地球温暖化など環境問題がクローズアップされる時代。
地元で採れたものを地元で消費する「地産地消」は、大切なテーマです。
これまでも、学校給食への地元産野菜の活用や、軒先販売のPRなど、地産地消の推進を求めてきました。
南口での直売所の設置も、要求があったもので、実現してうれしく思います。

竹丘で「くらしと政治を語るつどい」

6月1日、竹丘地域での「くらしと政治を語るつどい」を共産党支部主催で行いました。
私、原田ひろみと、北多摩4区都政相談室長の畠山まこと氏とで、参加者の様々な思いや疑問に応え、交流しました。

IMG_0256_convert_20100602114853.jpg

5月末決着を目指してきた、米軍普天間基地の移設問題。
結局、合意できたのはアメリカとだけ。沖縄県をはじめ全国の国民の理解はないまま、連立政権も社民党が離脱して崩れました。こんなにも国民の願いが届かない政治に驚きます。

つどいでは、北朝鮮への不安も出されました。
韓国との関係が緊張した情勢となっている状況に、「日米の信頼関係が大事」「抑止力は維持しなければ」との報道も目立ちますが、本当にそうでしょうか。

アメリカや中国とともに連携して北朝鮮問題にあたる動きが中心になっているように、
いま、武力に頼って解決をはかる時代ではなくなっています。
畠山まこと氏は「東アジアからみれば、日本が一番危険な国。軍事力があり、米軍もいる」と。
米軍基地を置くことで、アメリカの軍事戦略を支える役割を日本が担っています。それ自体がアジアの緊張を高めているのではないでしょうか。

その他、身近な住宅での孤独死があったことから、地域での見守りや孤立している高齢者への支援を求める声もありました。
介護保険のさらなる改悪が民主党政権のもとで、計画されていることにも「恐怖を感じる」と。
参議院選挙は目前。くらしがかかった選挙だと改めて感じたつどいでした。

第2回定例会の予定

 第2回定例会の予定は次のとおりです。

6月7日  10時 本会議(行政報告、議案提案など)
 10日  10時 本会議(一般質問)
 11日  10時 本会議(一般質問)
 14日  10時 本会議(一般質問・午後に共産党市議が質問)
 16日  10時 総務文教常任委員会
 17日  10時 福祉保健常任委員会
 18日  10時 建設環境常任委員会  14時議会運営委員会
 23日  10時 本会議(採決など)
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード