FC2ブログ

小池都知事候補むかえ新春演説会

日本共産党は2月19日、いっせい地方選挙に向けて新春大演説会を開催しました。
約400人の市民が参加し、会場は熱気に包まれました。

スキャン_convert_20110224225855

弁士には「革新都政をつくる会」の小池あきら都知事予定候補(前参院議員・医師)を迎え、新しい政治をひらく展望を力強く訴えました。
市議選の予定候補5人が、市政での共産党が果たしてきた役割や実績、決意を訴え、大きな拍手に包まれました。

小池あきら都知事予定候補は、「永田町国会病院の呼出しを待っていたら、「都庁病院」から緊急召集があった」とユーモアを交えてあいさつ、都政転換への決意を語りました。

石原都政の12年間で、老人福祉や教育の予算が全国最下位になり、清瀬小児病院など都立病院の統廃合などが行われる一方、新銀行東京や豪華海外出張など都政の私物化を批判。

「何がムダかと言えばまず福祉と言った石原知事。私は、何が大切かと言えばまず福祉という都政をつくりたい」と、いのちと健康を守る施策を縦横に語り、
「私が都知事になれば、間違いなく都政は変わります。東京が変われば日本が変わる。本当の政権交代とはこういうものだと示すような闘いをしたい」と力強く訴え、支援を呼びかけました。
スポンサーサイト



こんにちは宇野克麿です。号外

清明小・八小・三中などの普通教室に
エアコンが設置されます。
二〇一二年度には全小中学校で実施


昨年の真夏の教室は「室温が三十五度から四十度に達し、とても授業どころではなかった」と大変な状況でした。地球の温暖化や都会のヒートアイランド現象も進んでいます。

共産党市議団では昨年から小中学校の全普通教室にエアコンの設置を求めてきましたが、市長は、「いちどには無理。段階的に設置していきたい」との考えを示してきました。
多摩の多くの自治体では、今年は中学校で、小学校は来年から、の設置がほとんどです。

共産党市議団は、財源も示して全校でいっせいに設置するよう、引き続き、求めてきました。
そしてついに、一月二十八日の市長との要望懇談会で、エアコン設置を求める署名六百三十九人分も示して要望したのに対し、市長から「今夏までに、市内の全中学校五校と小学校三校の全普通教室にクーラーを設置する」と回答がありました。
清瀬では、小学校三校分が実現したことは大きな前進です。その三校に、清明小と八小が入っています(あと一校は、六小です)。残りの小学校は、来年夏前までに設置するとしています。共産党は学校間格差が生じないよう、全校での設置を再度求めました。
なお、中学校の方が、授業時間が多く、夏休みの講習などもあり、優先的に設置されるものです。
清明小、八小、三中のエアコン設置工事は、五月から七月中旬までに終えるよう進められる予定です。

新春大演説会を行います

働く人の給料は12年連続で減少し、失業率も5%台で、大学生の就職内定率は過去最低。中小企業・商店の経営も大変です。
日本共産党は、くらしを守り、景気を立て直すために、雇用の改善と社会保障の充実をめざしてがんばっています。
新春大演説会では、国政・市政のとりくみを、小池あきら党政策委員長と5人の市議予定候補がお話します。
ぜひお誘い合わせて、ご参加ください!

  と き 2月19日(土)午後2時~4時
  ところ 清瀬けやきホール(旧・清瀬市民センター)


私たちがお話します
 koike_photo_r_l_convert_20110205185425.jpg 党政策委員長  小池 あきら

        市議会議員  宇野 かつまろ
               佐々木 あつ子
               原田 ひろみ
               深沢 まさ子
       前市議会議員  畠山 まこと


                         主催:日本共産党清瀬市委員会

六小・二中前の道路を安全に

以前から安全対策を求めてきていた第六小学校と乳児保育園・梅園学童クラブ・第二中学校が接する道路に、運転ドライバーへ注意を喚起する赤色の路面舗装が実現しました。
昨年から行われていた、道路の補修工事に伴って実現したものです。

この道路の安全対策は、現在行っている市民アンケートにも、たくさん要求が寄せられていました。

IMG_0783_convert_20110207144324.jpg

写真は、ちょうど学童クラブの指導員さんが、児童に横断歩道をわたらせているところ。
以前、学童クラブの見学を行った際、交通量が多くて、子どもが待っていても車はなかなか停車しないため、必ず指導員が付き添っているとの話しを聞きました。
信号機の設置が必要ですので、引き続き、対策を求めていきます。

地域市民センターに関わる要求が実現

去年3月に、清瀬市議会に竹丘地域の住民のみなさんから陳情が提出されていました。
内容は、
○竹丘地域市民センターで出張所業務(納税や住民票など取得できる窓口業務)を
○確定申告の相談日を2日間に増やすこと
○DVDプレーヤーやプロジェクターなど備品を整備すること
○洋式トイレの便座を暖房に、消毒液の設置を

陳情は、財政の厳しさを理由に否決されましたが、今年に入って、いくつかが実現。
住民のみなさんの「改善してほしい」という声が力になったと実感します。
一つは、確定申告の相談日です。
昨年までは、1日間しか相談日はなく、多くの方が訪れて混み合い、お年寄りや体が不自由な方も立ったまま待たされるという現状がありました。今年は、2月3日・4日の2日間、相談が実施され、好評だったとのこと。

また、洋式トイレの便座も暖房化されました。
「冷たくてとてもすわれない」という声を何人もの方から聞いていたので、本当によかったです。
        IMG_0800_convert_20110205184022.jpg


その他、一階フロアにあるソファーが痛んでいましたが、新しくなりました。
    IMG_0798_convert_20110205184148.jpg

小中学校にエアコン設置へ

IMG_0784_convert_20110205181945.jpg

1月28日、清瀬市の2011年度予算編成が大詰めになる中で、共産党は市長に対して緊急予算要望をおこない、あわせてエアコン設置を求める署名639人分を提出しました。

緊急予算要望は以下のとおりです。
○小中学校の普通教室に今年夏までにエアコンを設置すること
○3ワクチン(子宮頸ガンワクチン、ヒブワクチン、小児肺炎球菌ワクチン)の接種を全額公費負担でおこなうように国に求めること。当面、自己負担1割については市が負担すること
○国保税の引き下げをおこなうこと。また低所得者への国保税の軽減措置と窓口負担の減免を拡充すること。
○奨学金制度を貸付け制度から給付制度にすること
○公共料金、使用料、手数料の値上げをおこなわないこと

「エアコン設置」について、市長から財源問題の問題から、2011年度予算で中学校全校(5校)と小学校9校のうち3校に設置し、小学校6校については2012年度に設置したいと回答がありました。

これにたいして、共産党から「近隣自治体が2011年度は中学校にだけ設置するなかで、小学校まで拡大することは前向きと思うが、教育環境に差別を生じさせないため、ぜひ一斉に全校に設置を」と求めました。

市長からは、「2012年度に回る小学校6校は、同年度のできるだけ早い時期からエアコンを利用できるように工事をしたい」とあらためて表明がありました。

DVC00002_02.jpg

全校いっせいのエアコン設置はなりませんが、多摩の多くの自治体が2011年度は中学校、2012年度は小学校となっているときに、教育環境の改善のためにエアコン設置をもとめる署名運動や、共産党の街頭宣伝などが力となって、2011年度に小学校の一部まで拡大させることができました。

「奨学金」については給付制にできるか検討したいと前向きな回答と、「公共料金の値上げ」については、2011年度には考えていないと回答がありました。
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード