FC2ブログ

こんにちは原田ひろみですNo.73

こんにちは原田ひろみです No.73を発行しました。
クリックすると拡大して見ることができます。

hiromiニュースNo.73-1 hiromiニュースNo.73

スポンサーサイト



給食食材の放射性物質検査

4月から、食品中の放射性物質に新基準が適用されています。
市は、新基準に対応可能な機器での検査を17日に行い、結果を公表しました。
給食食材の放射性物質検査 結果

野菜や肉など8種類で、結果はすべて検出されませんでした。

消費税増税のために…?

4月18日(水)の「しんぶん赤旗」で、思わず「えっっ!」と声を出してしまった記事
「消費税増税 宣伝費に8億円注入 高橋議員追求『これこそムダ遣い』」

ぜひ読んでみて下さい。記事中には、
「障害者自立支援法による自己負担分が年間4億円。8億あれば2年間無料にできる」

ムダ遣いをしながらの消費税10%への増税、、、ため息が出ますね。

今日の午前中は、地域の人と一緒に竹丘団地へ署名のお願いに歩きました。
署名は「消費税10%へのアップと社会保障の切り捨て中止を求める請願」と
「暮らし・農業・地域を破壊するTPP参加に反対する請願」の2種類。

どなたも「年金が減るのに、負担ばかり増えて困る」との感想でした。
ある方は「70歳になって、医療費が1割になった。本当に助かってるのよ」と。
ただ、他の先進諸国のほとんどでは、保険料を払っているのだからと病院の窓口負担は無料です。
1割から3割もの負担をさせるのは日本くらいのものだと伝えると、びっくりされていました。しかも民主党政権は、70~74歳の医療費の2割への引上げも狙います。

安心して生活できる政治へ。当たり前の願いなのに、こんなにも国民の願いが届かない政治を早く変えなければ!
4月28日には、竹丘地域市民センター第2集会室で、消費税について語る「つどい」を行ないます。(午後2時~4時)
題して「消費税を上げなければ、日本はやっていけないのか? ~他に財源はあります~」
衆院東京20区の国政相談室長の池田真理子さんも参加します。
ぜひお越し下さい!
                 2012041010080001.jpg
                  (中央公園のさくら)

演説会を開催しました

日本共産党は15日、武蔵村山市民会館ホールで演説会を開催しました。
清瀬市、東久留米市、東村山市、東大和市、武蔵村山市の5市が集まっての演説会です。
各地からバスを運行し、ホールがいっぱい。参加者は千人!会場は熱気に包まれました。
  DSCF0036_20120418153118.jpg


田村智子参院議員、宮本徹衆院東京ブロック比例候補、池田真理子衆院東京20区候補、吉良よし子参院東京選挙区候補が日本共産党の躍進を呼びかけました。

田村智子さんは、参院からの派遣で参加したウガンダでの列国議会同盟の会議で「世界が日本に何を期待しているのか感じた」と切り出し、北朝鮮のロケット発射問題では「なぜ日本は隣の国々ともっと話し合わないのか」と問われたことを紹介。アメリカの核の傘に隠れてアジアとの友好関係を築いてこなかった日本外交を批判しました。

また、年金引下げや子ども・子育て新システム、労働者派遣法案をめぐる国会論戦を紹介し「血も涙もない消費税増税は許すわけにはいきません」と力説、増税しなくても財源はあると縦横に語り、「国民が政府に対して理念を掲げていこう。共産党の提言をぜひ国民の対案とするべく力を貸して下さい」と力強く呼びかけました。

宮本徹さんは「一旦起きれば途方もない規模で生活も産業も壊す原発の再稼働は許されない」と訴え。
池田真理子さんは「最も弱い人々を社会保障から締め出すような政治を断ち切りたい」と決意を語り、吉良よし子さんも「平和への願いを原点に、希望を取り戻せる政治へ全力を尽くしたい」と訴えました。

  DSCF0082_20120418153157.jpg
      (左から、池田さん、田村さん、宮本さん、吉良さん)


なくそう原発!清瀬の会が発足

福島原発の事故以来、「原発をなくそう」の世論は急速にひろがっています。
4月8日、清瀬でも「なくそう原発!清瀬の会」のスタート集会が開かれました。

DSCF0012_convert_20120513175227.jpg


ころぽっくるホールを会場に開かれた集会には、125人の市民のみなさんが参加。
「原発をなくしたい」と願う1点で共同して運動を広げていこうと立ち上げられ、賛同して呼びかけ人となった人は270人を超えました。

「放射能を正しく知り、これからの将来を構想して」とのスローガンを掲げた横断幕のもとで、DVD「原発、ほんまかいな?」の上映や、これまでの各団体でのとりくみが紹介されました。

最後には、スタート集会の参加者でアピールを確認。
「私たちは、「原発の再稼働」ではなく、「自然エネルギーによる電力」に転換し、国民の命とくらしが安全に保たれることを求め、「なくそう原発」を清瀬市民のみなさんに訴えると共に、「原発」をなくすまで、市民のみなさんと共に継続した取り組みをすすめていきます」。

第2回きよせ歌声喫茶

 017_convert_20120418164052.jpg

4月7日、清瀬市の日本共産党後援会が主催して、第2回歌声喫茶が行なわれました。
参加者は1回目に続き、85人にも!みなさん、懐かしい顔に、歌に、おしゃべりに華が咲きました。

衆議院東京20区の国政相談室長の池田真理子さんも参加、一緒に歌いました。
 028_convert_20120418163715.jpg

今回は、元歌声喫茶の歌手をされていた青柳常夫さんが来て下さいました。
ユーモアたっぷりのお話とすばらしい歌声に、魅了されましたね。
うたごえはやっぱりすごい!
今回も実感、感激。みなさんパワフル、元気いっぱいです。
リクエストに応えきれず、残した曲目が15以上…第3回目を期待しましょう。

被災地の瓦礫処理 柳泉園で説明会

国をあげて、被災地瓦礫の広域処理キャンペーンが行なわれています。
東久留米市にある柳泉園組合でも、宮城県女川町の瓦礫受入れ準備が進んでおり、市民に不安が広がっています。
4月5日には住民説明会が開催され、清瀬・東久留米・西東京の市民約140人が参加、共産党から原田市議と深沢市議が参加しました。

説明会には関係3市担当者と都環境局が参加。
都と宮城県と女川町で基本合意書を取り交わした経過や、試験焼却した都内清掃工場での放射能濃度の結果について説明がありました。

放射線量は基準値以下ではあるものの、それで「安全」だとは言えません。
焼却後の灰は、エコセメントとして再利用されますが、セシウムは8000ベクレル以下(暫定基準)なら使用可能です。この1点だけでも疑問です。
説明会では、参加した住民から、柳泉園と周辺自治会でつくる「周辺協議会」が「瓦礫処理について合意した」との説明されましたが、「事実と違う」「合意などしていない」との発言があったり、大気への放射能拡散を心配する声が絶えませんでした。
とても理解が得られたとは言い難い状況で、今後も各市で説明会を行うなど、きめ細やかな対応が必要です。

市長へ国保税値上げの説明会など求めて申し入れ

3月市議会では、国保税の大幅値上げや小学校給食の調理民間委託が強行されました。
日本共産党は4月からの実施に当たり、説明会などを求め4日、市長に申し入れを行ないました。

申し入れは、①国保税値上げの市民説明会を開催すること、②食材に含まれる放射性セシウムの基準値の見直しがされたが、給食食材の放射線量の測定方法や今後の考え方を示すこと、③芝山小・清瀬小学校の給食調理の民間委託に関する契約書を公開すること、④アスベスト被害から子どもを守る対策について示すこと、の4点です。

市は、国保税改定について市報に掲載するとともに、4月20日アミュー、27日竹丘地域市民センターで午後6時から説明会を開催し、市長・副市長も参加する方向だと答えました。

学校や保育園の給食食材検査については、明治薬科大学の協力を得て、下限値50ベクレルの測定機で検査をすること、頻度は二週間ごとに1回、8品目の検査を実施することを明らかにしました。
また、保育園や学校など、親の不安が寄せられている砂場や花壇などの土壌検査も行なうと表明しました。

給食調理の民間委託に関する企業との契約書については、議会の要請があれば公開すること、市民からも情報公開を求められれば応じるとしました。

アスベストについては、公共施設において大気中に飛散する恐れがあり、含有量が1%以上の場所について、調査分析と除去工事が、2006年に実施されています。
その直後に法令改正があり、アスベスト含有量の対応基準値が0.1%へと引き下げられ、禁止アスベストがこれまでの3種から6種となったため、市は再度、分析調査を今年2月に実施。

申し入れでは、こうした経過と工事について確認したものですが、アスベスト含有量が0.1%を超えた場所は8カ所(清瀬小、三小、二中、下宿体育館)あり、学校についてはすでに封じ込め措置を実施、夏休み期間中に除去するとのこと(下宿体育館は、接触による崩落や飛散の危険性がないため、現状経過観察とされています)。

市政報告会のお知らせ

1203市政報告会
  (クリックすると拡大できます)
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード