FC2ブログ

特養ホームの増設を!

高齢化率の上昇とともにどの自治体でも特養ホームなどの介護施設の遅れが深刻になっています。
とくに独居高齢者の生活維持にも欠かせない特養ホームが不足している問題は、待ったなしの課題です。

1月30日、日本共産党清瀬市委員会は「特養ホーム建設運動をどう広げるか」をテーマに学習会を開催。
雪のなかにも関わらず40人近い市民の方が参加してくださいました。
 IMG_1014_convert_20150308101547.jpg

現在清瀬市では、2014年8月時点で特養ホームに入れない待機者が443人います。
市は、今後も増える傾向にあると必要性を認めながら対策をうっていません。

学習会では、講師の谷本諭氏(日本共産党政策部)が、清瀬市の実態にも触れ、ひとり暮らしの高齢者が多く、また、所得の低い高齢者が多くを占めている中で孤立に陥りやすい高齢者が多いことを告発し、老人介護福祉施設である特養ホームの位置付けに言及。
清瀬市が保険料が高くなることを盾にし増設を拒んでいるが、国に公費枠を増額させることが先決だと主張し、世論をつくっていくことが必要だと強調しました。

質疑では、保険料の高騰を防ぐにはどのような対策があるか、人手不足で空き室が問題になっている特養ホームの実態なども出され、谷本氏は、4月からの介護報酬マイナス改定は、施設の運営を危うくし、介護難民を多く生み出す危険性があると答えました。
スポンサーサイト



こんにちは原田ひろみですNo.85

ニュース「こんにちは原田ひろみです」No.85を発行しました。
地域で長年にわたって課題だった道路の安全対策が、解決にむかって大きく動いています。
地域のみなさんの運動の大きな成果!粘り強く、声を上げることの大切さを、改めて実感しています。

 hiromiニュースNo85  hiromiニュースNo85-2
       (クリックすると、拡大して見ることができます)
 

2月21日(土)には、新春大演説会を行います!
午後2時より(開場13時半〜)、清瀬けやきホールにて。
日本共産党の田村智子 参院議員がお話しいたします。市議予定候補もお話しします。
ぜひご参加をよろしくお願い致します。

市民の声が届く市政へ

1月24日に行った日本共産党清瀬市議団の市政報告・懇談会には、30人を超える方にご参加いただきました。
ありがとうございました。

 IMG_2227.jpg

12月市議会の報告を各市議から報告し、質問や意見を交換しました。

3100筆以上の署名とともに提出された、国保税の引下げを求める請願が、共産党以外の他会派が反対して否決したことに、まず怒りの声があがりました。
「国保運協でも議会の委員会でも、値上げの必要はないと主張したのは共産党だけ。実際、会計は黒字で、その分を一般会計に戻すなんて良いのか」
「市民はほとんど知らない。国保は赤字だ赤字だと市は強調して、また値上げに持っていくのでは。値上げされたことから今日の経過まで、市民に知らせ、値上げが繰返されないようにしてほしい」。

介護保険制度の改悪にも不安の声が。
「要支援の人と言っても、介護の支援が必要な人たち。なのに保険からはずされたらどうなるのか。保険料を払っているのに、介護保険自体を利用できなくなるのでは、と不安」
「市民の善意であるボランティアに、介護サービスの代わりを行政があてにするなんて。命に関わることだってある。おかしい」
「特別養護老人ホームをぜひ増やして。老老介護の家庭は多く、みんな疲れきっている」

「従軍慰安婦」という問題があったことを否定する陳情と意見書が採択されたことについても、多くの方から意見があがりました。

議会傍聴を出来るかぎり行っていく必要がある、との発言や、どうしたら選挙の投票率を上げることができるのか、議会の傍聴に行った市民への対応(音が聞こえにくい、資料の不足など)についても充実を求める声が寄せられました。
市議会を市民に開かれた場所に。そして、いま起きている問題を共有し、力を合わせることで、市民の声が届く市政へと変えていこうと、参加されたみなさんの意欲を感じ、とても励まされました。

市政報告会のご案内

昨年12月に行われた第4回定例会の報告と、市民のみなさんとの懇談会を行います。
安倍政権の暴走とあいまって、清瀬市政においても、市民のみなさんの負担増やサービス低下をもたらす「行革」が次々と行われています。
市民のくらしと健康を守る市政の転換へ、ぜひご意見をお聞かせください。
ご参加お待ちしております!!

1412市政報告会
         (クリックすると拡大して見ることができます)

こんにちは山崎美和ですNo.2

年明け第1号のニュースです。
戦後・被爆70年、阪神淡路大震災20年、東日本大震災4年、沖縄返還43年。
苦境を乗り越えて、自分の幸せとみんなの幸せを重ね合わせて生き抜いてきた、たくさんの命に敬意を表してつくりました。私も共に生きていきます(twitterより)。

 こんにちは山崎  こんにちは山崎2
         (クリックすると拡大して見ることができます)

こんにちは原田ひろみですNo.84

ニュース「こんにちは原田ひろみです」No.84を発行しました。
年始のあいさつに伺っておりますが、どこでも「選挙よかったね」「これからが楽しみ。期待してます」など激励をもらいます。
2015年、安倍政権の進む方向と、国民の願いはいっそうの矛盾にぶつかることは間違いなく、激動の一年になります。4月のいっせい地方選挙でも、必ず前進できるよう、決意新たに、がんばります。

  hiromiニュースNo84 hiromiニュースNo84-2
       (クリックすると拡大して見ることができます)

戦後70年の今年、決意新たに

2015年、新しい年を迎えました。
今年は、あの戦争から70年。ヒロシマ・ナガサキからも70年の節目の年です。
くらしを応援する政治、憲法9条が輝く政治をめざして、今年もがんばります。

1月3日、清瀬市議団は年始のあいさつを市内全域をめぐって行いました。

 DSCF1069.jpg
 左から、佐々木あつ子市議、深沢まさ子市議、山崎美和市議予定候補、原田ひろみ市議

日本共産党は、総選挙で21議席へと躍進した力を活かして、安倍政権と正面から対決し、対案を掲げて、国民のみなさんとの共同を大きくすすめ、安倍政権の暴走ストップへ全力を尽くします。

そして、今年4月には、市長・市議会議員選挙が行われます。
清瀬市政においても、市民の声に聞く耳を持たない自公などの対応は、目に余ります。

12月市議会では、高すぎる国保税の引き下げを求める請願、駅南口地域に児童館・多目的施設の設置を求める請願、原発の再稼働を許さず原発ゼロを求める陳情が、いづれも自公などが反対し、否決されました。

そして、日本軍「慰安婦」問題を否定し、河野談話の根拠はなくなったと主張する意見書が、自公によって可決されるという事態となりました(女性議員は退席)。
この可決により、2008年に清瀬市議会があげた、「従軍慰安婦」問題の解決を求める意見書が、撤回されてしまいました。
歴史の逆流に加担した自公の姿は、本当に恥ずべきものではないでしょうか。

 FullSizeRender-14.jpg
 12月議会を傍聴し、歴史の事実の歪曲に手を貸した自公の姿にショックを受けた、こんなことが許されるのかと訴えた、山崎美和 市議予定候補。宇野かつまろ市議からバトンタッチします。

こうした動きを許さず、市民の皆さんの願いがまっすぐ届く、清瀬市政の実現へ、決意を新たにしています。
多くのみなさんと一緒に力をあわせ、がんばります。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。

DSCF1145_convert_20150105094626.jpg



プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード