FC2ブログ

平和祈念フェスタ  清瀬での戦争を語る

清瀬市平和祈念展等実行委員会は13日、平和祈念フェスタを開催しました。
毎年、東京大空襲のあった3月に企画されるもの。
「語り継ごう、清瀬と戦争」をテーマに、清瀬の戦争体験者の話を聞く貴重な場となりました。
アミューホールの会場には、多くの市民が駆けつけました。

 IMG_0020.jpg

オープニングに「清瀬と平和を語る〜世代を超えて」を上映。
終戦を14歳で迎えた斎藤靖夫さんが、父親の日記など貴重な資料を示しながら、戦争体験を語りました。
「3月25日に一緒に卒業したばかりの同級生2人が、4月2日の空爆で亡くなったのは大変なショックでした」
「毎日ようなB29の空爆は、無差別にどこでも」
「父の日記を見ても分かるが、戦争というのは物がなくなるということ。硬貨さえも小さくなって、紙のお札へと変わっていきました」など、生々しく語りました。

 IMG_0024.jpg
 スライドには、斎藤さんのお父さんの日記が。
 左側に「四月二日 空襲」「午前二時頃 空襲 四時頃迄  中清戸、下宿、中里方面へ」と記述が。

また実行委員の定 信夫さんが「清瀬と戦争」展示パネルを解説。
当時の清瀬の様子を航空写真で見たり、都内の子ども達が市内3カ所の寺院に疎開してきた様子、4月2日の空襲と東村山市にB29が墜落した事故など、資料をもとに振り返りました。
斎藤さんのお話を裏付けるように、示された資料では、亡くなった日付が「4月2日」と記された一家3人の墓石も。
下宿で3人、中清戸で13人もの方が亡くなったそうです。

また、当時の清瀬村は約8000人の人口にもかかわらず、出征して亡くなった兵士は120人にものぼると。
斎藤さんのお兄さんも、戦死されているとのことでした。

会場の外フロアには、市民から寄せられたという戦争当時の軍服や、日の丸への寄せ書きなどが展示されました。
 IMG_0021.jpg

    IMG_0022.jpg
      「千人針」を始めて見ました。
      出征兵士の無事を祈って、千人の婦人が赤糸で一針ずつぬったもの。

 IMG_0023.jpg
  どれも貴重な資料で、驚きました。

第2部では、「クローバー」として活動する二人の女性による、素敵な歌声で、平和を願う歌をみんなで。
原爆の惨禍と、平和を願う「青い空は」が久しぶりに歌えて嬉しかったです。
二度と戦争を繰り返さないために、決意を新たにできた平和祈念フェスタでした。
スポンサーサイト



3.11から5年

「明日は帰れる…そう思って避難して、もう5年目です」。
チーム竹丘(竹丘自治会連合)が2月に開催したシンポジウムで聞いた、福島の浪江町から避難している女性のお話は衝撃でした。
訳も分からず「とにかく避難を」という消防団や警察の誘導で、家族にも会えず、着の身着のまま。
たどり着いた施設で、東電社員がバスに住民を乗せている姿を見て、初めて「あぁ、原発が危ないんだ、と分かった」。

3.11から5年。
今も17万4000人が仮設住宅などで不自由な避難生活を強いられ、震災関連死が3400人にものぼっています。
被災者の生活再建に、最後まで国が責任を果たすことが必要で、支援策の打ち切り・縮小は絶対に許されません。

       IMG_0030.jpg
      3.11 清瀬駅北口で行われていた、被災者追悼のキャンドルと募金活動


なし崩しの原発再稼働には、画期的な判決が下されました。
大津地裁が高浜原発3、4号機の運転差し止めを求める住民の申し立てを認めたのです。

汚染水が拡大し、核燃料の状態も事故原因もわからない福島に学んでいるのか。
新たな「安全神話」を許さない司法の決意を感じます。
人生のすべてを奪う原発はいらない。声を上げ続けましょう。

貧困を打開する予算を
3月議会で新年度予算を審議しました。
4年連続で平均所得が下がるなど、アベノミクスの破綻は明らかです。
貧困を打開する施策の充実こそ必要だと求めました。

予算は、市役所建替えへの基金積立てを3億円も当初から計上。
市長や副市長、教育長、市議会議員の報酬引き上げへ3400万円もかける内容も。
施策の優先順位が間違っています。
高すぎる国保税の引き下げ、保育園の待機児童の解消、難病手当の制限の撤廃など、引き続き求めてがんばる決意です。
        (地域政治新聞 竹とんぼ3月号より)
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード