FC2ブログ

総選挙おわる 宮本徹 再選を果たしました

大義なき解散から始まった総選挙が終わりました。
日本共産党は、現有21議席を大きく後退させる結果となってしまいました。
しかし、今回の選挙を通じて、市民と野党の共闘の流れは、より強くなったことを実感しています。
その結果、政党の再編、離合集散がある中でも、立憲民主党が立ち上がり、躍進したことは、素晴らしいことです。

また、清瀬市を含む東京20区の市民と野党の統一候補としてたたかった宮本徹さんが、比例で再選を果たしました。
公約の実現へ、憲法を守り生かす政治へ、いっそう力を尽くす決意です。

  171023総選挙東京比例ブロックで宮本徹候補に当確出る・東村山市の選挙事務所PA230333
    比例での「当選確実」が出たのは、10月22日を過ぎて、1時20分頃。事務所でバンザイ!

    IMG_5827.jpg

   FullSizeRender-59.jpg
     結果報告のビラ。(クリックすると大きくして見ることができます)

選挙結果を報告する駅頭での宣伝にも、市民連合など、ともに力を合わせた方々が来てくださいました!

   FullSizeRender-60.jpg
       翌日、23日月曜夕方、清瀬駅北口で。

   171025宮本徹当選報告・清瀬駅南口PA252944
       25日水曜の早朝、清瀬駅南口で。

   171025宮本徹当選報告・清瀬駅南口PA250011

   171025宮本徹当選報告・清瀬駅南口PA251820
       原のり子都議も一緒に






スポンサーサイト



不破哲三 きたる!

 10月15日、午後2時は、東久留米駅西口へ!

  FullSizeRender-47.jpg

宮本徹 第一声

ぜひ、お聞きください!
   FullSizeRender-48.jpg
   清瀬は、16時10分から、清瀬駅北口の西友まえです。吉良よし子参院議員も!
 
 その後、16時55分からは、竹丘の緑地公園まえでもお話しします。

小池晃 参院議員を迎えての街頭演説

 「安倍政権を退場させる歴史的チャンス。市民と野党の共闘で政治を変えよう。日本共産党の躍進を」と、日本共産党は9月30日、小池晃書記局長を迎えて、緊急の街頭演説を開催しました。

    IMG_5617.jpg
    (左から)司会の原のり子都議、尾崎あや子都議、宮本徹 予定候補、小池晃 参院議員

街頭演説を行った久米川駅南口は、立ち止まる人の姿も多く、びっしりと1500人が熱心に耳を傾けました。

小池晃書記局長は、国政を私物化し、9条改憲を狙う安倍政権を退場に必ず追い込む決意を表明。
「対決」を演じる新党「希望の党」が自民の補完勢力に過ぎないことが鮮明になる中、民進党の合流について
「この2年間、みんなで築いてきた市民と野党の共闘を、一握りの政治家の手でリセットさせるわけにはいかない」
「逆流をはねのけ、もっと強く確かな連帯を作ろう」と呼びかけました。

さらに、社民党と全国11都府県20選挙区で候補者一本化を確認し、東京20区では宮本徹候補を統一候補にすると報告。
聴衆から拍手がわきました。

宮本徹予定候補は「都議選でこの20区から自民党の議席はなくなった。今度は私がこの20区から自民党の議席を奪い、国会へ勝ち上がることが、安倍政権への一番の痛打になる」と決意を語りました。

     IMG_5618.jpg
       都議選につづいて、日本共産党を躍進させてください!



まちかどスピーチ 宮本徹予定候補が市内で訴え

宮本徹 予定候補は、連日、東京20区内を政策を訴えて回っています。
9月27日は清瀬市内を回りました。

宮本氏は冒頭解散に大義がなく「もり・かけ疑惑を裏付ける証拠が次々と出ている。真相究明に準備していた。冒頭解散は疑惑隠しだ」と批判、必ず安倍政権を退陣させる審判を下そうと訴えました。

   FullSizeRender-45.jpg
     ちょうど下校中だった小学生が、宮本さんに興味津々。
                  ビラを受け取り、しばらく話を聞いてくれました。

   FullSizeRender-46.jpg
        清瀬駅北口で

保育園の待機児解消を

すっかり秋めいてきました。お元気でお過ごしでしょうか。

集中豪雨や台風など、各地での風水害の被害が相次いでいます。
清瀬でも8月末の豪雨は、時間雨量74ミリと過去最高となり、下清戸で床上浸水の被害が発生しました。
被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げます。

その後の台風では、けやきが2本、根元から倒れる被害も。
各地で道路の冠水も深刻です。
市は、道路の集水マス(浸透マス)をさらに深く約5メートル掘り下げ、雨水を地下に浸透させる工事をしており、竹丘商店街付近でも実施したとの報告がありました。

保育園の待機児童 依然として深刻
9月の清瀬市議会で、保育園の待機児童数が明らかとなりました。
9月1日現在で認可保育園に入れない待機児童は101人で、そのうちゼロ歳は44人、1歳は46人にも。
依然として乳児での待機が深刻だとわかりました。

市は、地域型保育の小規模保育所(認可保育園と同基準のA型)を増やしてきています。
10月からも一ヶ所、竹丘3丁目に新設されます。
また、認可保育園も台田団地近くに来年から開設予定ですが、近所の市立第六保育園を廃止するため、定員は差引き12人しか増えません。
本気で待機児童を解消するなら、第六保育園は存続するべきではないでしょうか。

また今議会には、学童クラブの対象を小学6年生まで拡大する条例改正がありました。
しかし定員は増えないため、空きがある学童から順次、希望する4年生以上を受け入れるものです。
定員増を図ることが今後の課題です。
                   (地域政治新聞より転載)
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード