FC2ブログ

市民の声を反映した市役所に

12月議会では、最終となる新庁舎の基本設計が示されました。
来年度から実施設計に入り、2019年度に着工の予定です。
しかしこの間、市民公聴会やパブリックコメントで出された意見は十分に反映されていません。
9月、12月と議会へ陳情も提出されるなど、市民の納得が得られていないことは明らかで、市民参加のあり方が問われています。

寄せられている意見は主に、市役所の敷地内禁煙や、市役所入口の車と人との安全対策、1階店舗を障害者の雇用の場としてほしい、など。
51億円にのぼる総事業費の節減を求める意見も多くあります。

利用少ない市議会の議場 市民への一般開放を

12月議会には、総事業費の抑制と議場の一般開放を求める陳情が提出されました。
設計の工夫で工事費が節約できることや、議場は年間20日程度しか利用されておらず、市民にも貸し出すべきとの内容です。
しかし自民・公明などが反対し、不採択になりました。

定例議会などを優先することを条件に、議場を市民の共有財産として活用することは当然ではないでしょうか。

総事業費はさらに増加 アスベスト除去に3億円

また総事業費が54億円となることが明らかになりました。
現庁舎の解体におけるアスベスト除去費用として3億円が新たに計上されたためです。
アスベスト除去に必要なことは理解できます。しかし、建て替え費用の上限は51億円と説明してきたことが、なし崩しになっていくことは大きな問題です。

東京オリンピックでの建築資材・人件費の高騰も心配されるなか、市は建て替えのために基金を毎年増やし、新年度も3億円積み立てる計画です。
一方、国保税や公共施設の使用料の値上げなど、市民には負担増を強いるという逆立ちぶりです。
災害時の避難所である下宿・野塩市民センターは、耐震化も行われていません。

経費が膨らむ中、「建て替え先にありき」でいいのでしょうか。
スポンサーサイト



「こころの電話」設置を

「こころの電話」設置 自殺予防対策強化を

自殺志願者は、本当は生きたい、生きてその苦しみを自分以外の人にも分かってもらいたい
――『「こころの電話」の設置を清瀬市に求める請願』の説明に立った請願者の言葉です。
8対11で不採択になりましたが、自殺予防対策強化は重要な課題となっています。

清瀬市では2011年からの5年間に63人が自殺により尊い命を失っています。
悩みや苦しみに耳を傾け相談にのってほしい時、どこを頼ればいいのでしょうか?

清瀬市では市報などで東京都の電話相談を案内しています。
健康推進課の精神健康相談でも予約・面会を受付けています。
また、直接市民に対応する市役所の窓口職員を中心に、庁内自殺予防対策連絡会や、ゲートキーパーとして傾聴するための研修会を行っていることがわかりました。

国が大綱を出し、2019年度までに市としての計画を策定することも決まっています。
審議のなかで、相談先がすぐわかるようにホームページ改善を求めました。
また、障害福祉課や生活福祉課と連携して、支援に直接つなげられる体制が求められます。

東久留米市長・市議補選

12月17日から、おとなり東久留米市の市長選挙、市議補欠選挙が行われます。
24日投票です。

市長選挙には、社民党のベテラン市議・桜木よしおさんが挑みます。
テーマはずばり「市民が主役のまちへ」。

      171125桜木よしお事務所開きパート2・東久留米DSC_0558
       11月25日の事務所びらき。第1部、2部ともに大勢の方が集まりました。

      171203桜木よしおキックオフ集会001PC032043
       12月3日に開催された「市政転換!キックオフ集会」には多くの方が激励に。
              会場は500人もの参加者で熱気にあふれました。

桜木さんは、今年の東京都議会議員選挙で原のり子さん、衆議院選挙で宮本徹さんを、力強く応援してくれました。
憲法を守る。暮らしを応援し、市民とともに歩む。そのために力を合わせる人だと思います。

今、東久留米では公立保育園の全廃計画や、市民に丁寧な説明もないまま始まったごみの有料化。しかも高い。
矛盾が噴き出ていることが、桜木さんの演説からもわかります。
「とにかく、市民の意見を聞かない。これはダメです」ときっぱり指摘。

市民と野党の共闘の流れが、今回の市長選挙にもしっかりとつながり、社民党と共産党はもちろん、民進党や立憲民主の管直人さん、枝野幸男さんの応援も寄せられています。

東久留米の市民の皆さんは、市民のための市政を代表する市長を何度も選んできました。
今度も、桜木よしおさんで、新しい市政を!
清瀬からも応援します!

     171203桜木よしおキックオフ集会001PC031481
        キックオフ集会であいさつする、日本共産党の宮本徹 衆院議員

        171203桜木よしおキックオフ集会003・東久留米まろにえホールDSC_0248
            同じく、あいさつする日本共産党の原のり子都議

      171203桜木よしおキックオフ集会001PC031372
     キックオフ集会では、豊かな保育実践を積み重ねてきた公立保育園を残して、の訴えも。

        171125桜木よしお事務所開きパート1・東久留米DSC_0263
      市議補欠選挙には、日本共産党の北村りゅうたさんが立候補を予定しています!
         原のり子さんの後継者。何としても押し上げたい!

国保の広域化 清瀬は1.4倍もの値上げ⁉︎

市は12月6日、市議会の全員協議会を開き、国民健康保険の広域化における東京都の新たな運営方針案について説明しました。

来年度から国保制度の運営が都道府県に移行することに伴い、東京都は新たな運営方針案を検討しています。
その中では、区市町村が国保税の負担軽減のために行っている法定外の繰り入れの「計画的・段階的な解消」を目指すとしており、国保税の大幅値上げが懸念されてきました。

11月21日の都の国保運営協議会では、自治体の独自の繰り入れをしないことを前提に、区市町村が納める納付金が算定され、清瀬では約25億円余となっています。
これを踏まえた来年度の一人当たり国保税は14万4,178円となり、法定外繰入れを行った16年度の国保税10万2,598円と比べると、1・4倍もの値上げに。
都平均1・3倍を上回る負担増となる実態が明らかとなりました。

清瀬市は現在、約5億〜7億円の繰り入れを行っています。
共産党は一般質問で、都が「解消」を求めても、市の判断で継続し保険税を抑制することは可能だと指摘。
必要な繰り入れを維持するとともに、国や都に財政支援を求めるよう質しました。
市は「このままでは約8億円の赤字繰入れが必要」と市の負担が増えることを認め、国と都への要望を強めることを約束しました。

今でも高すぎる国保税。世帯によっては、所得の10%を超える税負担となっています。
払えなければ保険証を返還させるペナルティまで。
誰もが払える国保税の水準まで、引下げることこそ必要であり、そのためには国の負担を抜本的に増やすことが必要です。
 
プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード