FC2ブログ

いのちと暮らしがかかった選挙 日本共産党を大きく!!

9月24日、竹丘で「これからどうなる!?私たちのくらし」と題してのつどいを開催しました。
東京比例ブロック・20区の池田真理子さんを囲んで、日々のくらしの中での不安や疑問を話し合いました。

最初に、池田真理子さんからあいさつ。
自民党総裁に麻生氏が選出され、総理大臣に就任という日でしたが、
「小泉元首相のもとで構造改革を進めてきた閣僚であり、みなさんの生活を壊してきた張本人」
「私が許せないと感じるのは、痛みを強いてきたという自覚すら、自民党は持っていないことです。何もなかったように、改革を続けるんだと叫ぶ。こんな政治は終わりにしなければ」

大きくうなずきながら話しを聞く方が多くありました。
池田--080924つどい

参加された方からは、次々と生活への不安が語られました。
介護保険制度が、どんどんと利用しづらく、負担も増えていること。
老人ホームでの、人間らしい最期さえ迎えられない実態と人手不足の深刻さ。
救急車を呼んでも、受け入れ先が決まらず、出発できない事態が多いこと・・・など
医療・介護に関する不安や意見は、一時間にわたって出されるほど。

池田真理子さんは、
「人間として当たり前の生活ができるよう支えるのが福祉。それが壊されてきた結果ですね」
「行政が責任を持ってきたのに、保険制度にしたり、自己負担を増やすことで『みんなで公平に負担を』と。結果、国の負担は減り、責任も後退した」
「介護保険は、社会で支えようと始まったのに、今では必要な支援も時間も削られる。だったら家族で介護しますと、家族介護に逆戻りさせている。こんな矛盾はありません」
その他、介護報酬の切り下げで、施設も大変な運営を強いられていることなど、実態が生々しく紹介されました。

社会保障費を毎年2200億円削ってきたことが諸悪の根源だと、あらためて実感。
来年度予算でもこの方針をとる政府ですが、削減分野として狙っているのは「介護」です。
まさに総選挙で政治を変えなければ、いっそう深刻な実態がひろがります。


汚染米の不正転売についても、大いに話題になりました。
農家出身の方も多く、池田さんもその一人。
日本の農家に対し、生産能力があるのに減反を強い、自給率を下げてきた一方で、
年間77万トンもの輸入米を購入。その量を確保するために汚染米であっても返品しない・・・
その異常な姿勢の背景には、アメリカによる輸入自由化圧力と、
工業製品の輸出と引き換えに日本農業の破壊をすすめた財界の身勝手な要求があります。

「安全な食料は、日本の大地から。食料自給率をどう上げるのか、本気で考えるときです」
と池田さん。
本当に、いのちとくらしがかかった選挙です。
財界のもうけばかり優先し、アメリカいいなりの政治を、正面から正す日本共産党が伸びてこそ!!政治は変わります!
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード