FC2ブログ

障害者自立支援法は廃止を!

2月15日、障害者自立支援法の見直しや、新年度予算を審議する3月議会を目前に、障がいのある市民の方やご家族、施設で働く方から、実態や要求を聞く交流・懇談会をおこないました。
天気にも恵まれ、多くの方に参加をいただきました。
09021513.gif


懇談を通して痛感したことは、まだまだ一人で、または家族で、悩み苦しむ方が多く、相談体制さえ十分ではないことです。施策が遅れている精神障がいや発達障がいのある人や家族への支援は特に不足し、制度の狭間に置かれている実態があります。

障害者自立支援法のもつ矛盾もたくさん出されました。
○申請制度であるために、行政責任が後退した
○事業所は新法体系への移行で、通えない利用者が出てくる
○就労支援ありき
○障がい程度区分で利用できないサービスがある
○障がい程度区分で、必要な支援策を決めること自体が矛盾
○施設は職員不足。入所している方の生活の自由や幅が制限されるような実態
  職員は過重労働で体をこわす・・・人の確保に、抜本的な予算増が必要

まだまだ他にもありましたが、出された意見や要望は、どれも切実でした。
一人ひとりの障がいのある方が、住みなれた地域で人間らしく暮らすために
どんな施策が必要なのか・・・この立場で考えることなしに、実現はできません。
行政がそうした立場で、何ができるのか考え、実現させていくことが必要だと感じます。

予算の削減を狙って作られた障害者自立支援法は、やはり廃止しかありません。
総選挙で与野党を逆転させ、廃止の立場にある政党が力を合わせれば、十分に可能です。
日本共産党は、生存権侵害ともいうべきこの制度に一貫して反対してきました。
これからも全力でがんばります。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード