FC2ブログ

新型インフルエンザ対策を市長に緊急要請

    09042801.jpg


 メキシコから広がった豚インフルエンザが、人から人への感染が増加して、WHOはフェーズ4と発表しました。
 これに伴い、国、東京都などで「対策本部」を設置して水際作戦などの対策をはじめています。

 28日午後、清瀬市長に対して、市としての対策と指定医療機関の増設について、緊急要請をおこないました。

 市長から、「27日に副市長を責任者にして、健康福祉部が事務局となる「全庁組織」を立ち上げ、対策をはじめている」「市民に感染者が出た場合には、市長が責任者になって感染拡大を食い止める」など回答がありました。

 新型インフルエンザが疑われるときには、保健所に相談して、指定医療機関で診察を受けることになります。そのため指定医療機関を充実することが、新型インフルエンザから都民を守るため、大変重要です。

 ところが指定医療機関は、北多摩北部医療圏で小平市の公立昭和病院だけで、発熱外来が集中する可能性があります。

 党議員団は、清瀬市内の国立東京病院と複十字病院が新型インフルエンザの指定医療機関になるように、市長から働きかけることを求めました。

 市長も、両病院とも機能がしっかりしており、ぜひ指定医療機関になるように要請したいとこたえました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード