FC2ブログ

都議会での政務調査費 透明化を求めて

都議会での政務調査費について

民主党が5月号として発行した「都議会民主党レポート」のなかで、『共産党を除く全会派の賛同を得て、1円以上の支出は全て領収書添付で公開し、第三者機関のチェックも入れることが実現しました』と、政務調査費の透明化に、あたかも日本共産党が反対したかのような記述があります。

日本共産党は、政務調査費の領収書添付と公開について、条例提案を2回にわたって行うとともに、領収書を自主公開するなど、すみやかな実現を目指してきましたが、自民・公明・民主はこの提案を一貫して拒否してきました。

都民の世論に押されてようやく昨年10月、1円からの領収書公開を盛り込んだ条例改正が本会議で議決されました。このことは歓迎するものです。

しかし、この条例改正では、政務調査費の使途基準が緩和され、議員秘書の人件費、台数制限のない自動車リースやガソリン代、新年会などの会費、視察の土産代など、これまでの使途基準では認めてこなかった活動にまで調査費を充当できるようになり、しかも、政務調査活動と、政党活動、選挙活動、私的活動が混在している場合も「按分(あんぶん)」によって支出できるように改悪されたのです。

 そのため日本共産党は、この条例提案には反対し、1円からの領収書添付はもちろん、「按分」を許さず、都民が納得できる使途基準を明記した条例案を提案しました。この改善案は、自民・公明・民主・生活者ネットの反対によって否決されました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード