FC2ブログ

清瀬小児病院の存続を

    091008署名


 都議選後はじめての都議会第3回定例会で民主党は都立3小児病院の問題で、代表質問では「都民の身近な地域医療に空白を生じさせてはならない」とのべ、一般質問では「八王子小児病院と清瀬、梅ヶ丘を継続してこそ、(府中の新たな小児病院とあわせて)三多摩の医療が前進する」と求めました。

 民主党がここまではっきりと小児病院の存続を提起したのは初めてで、守る会をはじめ都民の大運動と日本共産党のねばり強い取り組みが、前向きな変化を作り出しています。

 新しい都議会の力関係は、厚生常任委員会では共産・民主7、自民・公明が7。本会議では、共産・民主・生活者・自治市民66、自民・公明61と廃止条例に反対した議席が過半数を占めています。

 12月の都議会で都立小児病院の「存続条例」を実現するため、小児病院守れの声を大きく集めるため、共産党議員団は守る会が提起している「廃止計画の中止を求める陳情署名」に取り組んでいます。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード