FC2ブログ

08年度一般会計決算に反対しました

10月7日、第3回定例会が終わりました。
今議会から、前年度の決算審査を第3回定例会で行うことになり、
最終日には、賛成・反対の立場から討論が行われます。

日本共産党市議団は、08年度一般会計決算に反対の立場から、深沢まさ子議員が代表して、討論を行いました。
その要旨を紹介します。

 08年度は、働く貧困層(ワーキングプア)が1000万人を超え、年金保険料の連続値上げや低率減税の全廃につづき、原油高騰から食料品が次々と値上げされた年となりました。
 貧困と格差が広がるとき、市はくらしの支援策こそ行うべきであり、保育料と下水道料金の値上げは行うべきではありませんでした。
 また、国保税に加えて市民税の申請減免の基準を緩和し、収入が激減した方などを救済するべきです。国保税の資格証明書は発行するべきではありません。発行の基準がはっきり示されず、疾患のある方などにも発行している状況は早急に改めるべきです。
 学童保育の民間委託は中止されましたが、全職員の嘱託化(非常勤化)は、保育の質を低下させることになります。各学童の正規職員一名を継続して配置し、運営を行うべきです。
 都議選では7割の市民が清瀬小児病院の存続を望む意思を示しました。多摩の小児医療は不足しており、新型インフルエンザの流行も心配されるなか、廃止は許されません。都へ計画中止を要請するよう求め、決算反対討論とします。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード