FC2ブログ

清瀬小児病院の存続求める署名を提出

集団02_convert_20091019165159

10月15日、都立清瀬小児病院を守る会は都に「清瀬小児病院の存続を求める要請署名」8290筆を提出しました。
守る会と一緒に、畠山まこと都政相談室長と清瀬市議団全員のほか、東久留米や東村山の共産党市議も参加。日本共産党の大山とも子都議が同席しました。
      清瀬市議_convert_20091019165517

参加者からは、小児病院がなくてはならない医療機関だとこもごも語られました。
障がいのある子どもを育てる保護者の方の手記も紹介され、高度専門医療を担う清瀬小児病院の果たしてきた役割の大きさも改めて認識できました。

都の担当部長は、「清瀬小児病院が地域で信頼を受けていることに感謝したい。署名には何倍もの思いが詰まったものと感じた。意見はしっかりと受け止めて、本部長に伝える」と応えました。

いま、新型インフルエンザの流行も心配されます。
とくに小児患者が全体の大部分を占め、重症患者も増えていることが懸念されています。
都はこうした状況から、小児病床をもつ病院に、医療体制の強化を要請していますが、
この中には清瀬と八王子の小児病院も含まれています。
都の廃止計画は、ここでも大きな矛盾を抱えています。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード