FC2ブログ

消費税の増税を許さない世論を

15日、消費税をなくす東京の会の第20回総会が行われました。
会場いっぱいの参加者で、近くでは練馬・大泉学園の会や西東京の会の姿も。

消費税の増税に一貫して反対してきた取組みが、総選挙での自公政権退場につながったことに確信をもちつつ、参加された方は「署名を集めていると、『民主党はもう上げないと言ってるから大丈夫だよ』と言う人も。消費税増税への危機感が薄らいでる」と。
でも安心は決してできません。

総会には、日本共産党の小池晃参院議員も参加、民主党の危険性をズバリ話してくれました。
      IMG_2129_convert_20091117171644.jpg

驚いたのは、民主党政権が進める「事業仕分け」の実態。
税金の無駄をなくそうというテーマで、これまでにない手法で脚光も浴びていますが、中身は本当に無駄な事業が仕分け対象になっていない―。

小池さんは「医療で言えば、ビタミン剤や湿布薬を保険外にしようとか、入院したときの部屋代を若い人からも取るべきだとか、国民の負担増が議論されている」
「最大の無駄の軍事費は対象にならず、米軍への思いやり予算も日本人の人件費のみが対象。これは米軍にとって痛くもかゆくもないもの」などなど。
そして「心配なのは、あれだけマスコミを使い無駄を削ったと宣伝し、最後は消費税増税しかない、と国民を誘導していくのではないか」。

大企業には減税の大盤振る舞いを、民主党政権もやめようとしません。
結局、財源は国民から…など許せません。
これまで以上に、増税に反対する世論を広げ、税金の無駄と集め方の問題を告発していくことが大事だと確認しました。
スポンサーサイト



プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード