FC2ブログ

子宮頸がんの予防ワクチン 公費助成を

清瀬市議会で24日、新日本婦人の会清瀬支部から出された子宮頸がんの予防ワクチンに公費助成を求める陳情が全会一致で採択されました。

子宮頸がんは他のがんと異なり、原因はほぼ100%ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染であることがわかっています。これは多くの場合性交渉によって感染すると考えられ、女性の80%が一生に一度は感染しているとの報告もあります。

子宮頸がんは、定期的な検診でがんになる前の段階で発見して治療ができます。予防ワクチンが開発され、海外ではすでに100カ国以上で使用されています。日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より一般の医療機関で接種することができるようになりました。

抗体を作るために半年の間に3回接種することが必要で、その費用はあわせて3~5万円程度かかることから、予防重視の立場から公費助成を行うよう、清瀬市議会から国に意見書を提出することになりました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード