FC2ブログ

人権の森

先日、自宅すぐとなりの多磨全生園の納骨堂ちかくに、石碑が新しく設置されていることに気づきました。今年3月に設置されたようで、入所者自治会と東村山市民が、多磨全生園を「いのちとこころの人権の森」として守り受け継いでいくことを宣言する、という内容です。

IMG_0053_convert_20100421104102.jpg

1996年までらい予防法が存在していたという事実に、改めて驚く思いです。
この法律によって、感染力は弱いとわかっていたのに、患者さんが隔離され、生涯を療養所で過ごさざるを得なかった差別の歴史を、絶対に忘れてはいけません。

IMG_0057_convert_20100421104223.jpg

いま、資料館では「着物にみる療養所の歴史」という企画も。
園内を歩くと、かつての出来事などを記した案内板が数多くあり、歴史を知ることができます。
広い療養所ですが、その中に住宅も病院もいくつかの宗教施設も郵便局も、納骨堂まであります。「一生外には出られない」という生活があったのだと感じます。その絶望はどれほどのものだったでしょうか。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード