FC2ブログ

竹丘で「くらしと政治を語るつどい」

6月1日、竹丘地域での「くらしと政治を語るつどい」を共産党支部主催で行いました。
私、原田ひろみと、北多摩4区都政相談室長の畠山まこと氏とで、参加者の様々な思いや疑問に応え、交流しました。

IMG_0256_convert_20100602114853.jpg

5月末決着を目指してきた、米軍普天間基地の移設問題。
結局、合意できたのはアメリカとだけ。沖縄県をはじめ全国の国民の理解はないまま、連立政権も社民党が離脱して崩れました。こんなにも国民の願いが届かない政治に驚きます。

つどいでは、北朝鮮への不安も出されました。
韓国との関係が緊張した情勢となっている状況に、「日米の信頼関係が大事」「抑止力は維持しなければ」との報道も目立ちますが、本当にそうでしょうか。

アメリカや中国とともに連携して北朝鮮問題にあたる動きが中心になっているように、
いま、武力に頼って解決をはかる時代ではなくなっています。
畠山まこと氏は「東アジアからみれば、日本が一番危険な国。軍事力があり、米軍もいる」と。
米軍基地を置くことで、アメリカの軍事戦略を支える役割を日本が担っています。それ自体がアジアの緊張を高めているのではないでしょうか。

その他、身近な住宅での孤独死があったことから、地域での見守りや孤立している高齢者への支援を求める声もありました。
介護保険のさらなる改悪が民主党政権のもとで、計画されていることにも「恐怖を感じる」と。
参議院選挙は目前。くらしがかかった選挙だと改めて感じたつどいでした。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード