FC2ブログ

人として生きることは権利

 2月11日、第41回目の開催となる「障害者と家族の生活と権利を守る都民集会」に、三多摩肢障協のみなさんと一緒に参加してきました。

港区にある「都障害者福祉会館」に、続々と集まる参加者。発表では100人を超えたとのこと。
なかでも重度の障がいで車いすを利用する方が何人もいらっしゃったことは、本当にすごいことです。
全都から、10時スタートの集会に参加するために、きっと早朝から準備をして電車を何度も乗り換えてきたに違いない、その姿に圧倒される想いでした。

それだけ、障がい者をとりまく環境がひどく、「なんとかしなければ」という切実な実態があります。

集会では、障害者自立支援法や、後期高齢者医療制度に65歳からの障がい者も(選択により)対象にされてしまう問題などに触れ、「障がい者のことを、障がい者抜きに、決めるな」と。

ノーマライゼーション=「完全参加と平等」をいかに実現していくのか、知恵を出し合い、力をあわせて運動をさらにひろげようと、「障害のある人の権利条約」をどう日本の中に生かしていくのかを学び、アピールを採択しました。(写真は、講演する金沢大学の井上英夫さん)

1211446874.jpg


お金を払って、働く。お金を払って、生きるために欠かせない支援を受ける。
こんなしくみを持ち込んだ障害者自立支援法を抜本的に見直すこと、応益負担は撤回させることが、どうしても必要です。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード