FC2ブログ

国保 資格証は低所得者「除外」が実現

「国保税を払いたくても払えない低所得者から保険証を取り上げるべきじゃない」
国会での小池あきら参院議員の追求が清瀬市でも実を結び、5月、低所得の世帯に保険証が交付されました。

高すぎる国保税のために、滞納世帯は急増しています。
長期滞納した住民に対し、市は保険証をとりあげ、医療機関の窓口で10割負担となる資格証明書を交付。
収入はどうか、病気があるかなど、なぜ滞納に至っているかの調査もしないまま交付している実態が、3月市議会では大問題になりました。

せめて「払いたくても払えない」低所得者には交付すべきでない、との共産党の追求をうけ、今回市は、生活保護基準の1・2倍までの収入しかない世帯に、保険証を交付しました。
5月7日時点で121世帯だった資格証交付世帯は99世帯まで減少しました。 
医療を受ける権利をうばう資格証 縮小へ一歩前進です。

問答無用の資格証交付は全国的な問題であり、国会でも小池あきら参院議員が「厳しい催促で自殺に追い込まれた人もいる」「こんなやり方はやめるべきだ」と追求。
長妻厚労相が「(自治体に対し)慎重に対処するようお願いしている」と答えていました。
日本共産党は高すぎる国保税を、国としてせめて年1万円の引き下げをするよう提案しています。
一メートル一億円の外環道計画を見直せば十分に可能です。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード