FC2ブログ

三多摩肢障協が総会

13日、三多摩肢体障害者協議会の第16回総会が行われました。
IMG_0295_convert_20100615120654.jpg

障害者自立支援法の廃止を約束した民主党が、5月末突然、国会で自民・公明が出した自立支援法「延命」法案に賛同して、衆議院での強行採決を行いました。
総会は怒りでいっぱい。その切実さを身に染みて感じました。

IMG_0296_convert_20100615120721.jpg
私・原田も「当事者と一緒に、新しい法律をつくろうと議論している真っ最中に、こんな形での法案提出、強行採決は許せない。参院選挙で審判を突きつけましょう」と挨拶しました。

マイクを握った参加者が次々と想いを話しました。
「民主党は顔をこちらに向けているようで、体は真反対を向いている」
「厚顔無恥。前代未聞の裏切りで許せない」
「強い社会保障って一体なんですか。障がい者をまたも無視して」
「政治家が決めることで私たちの明日は決まる。嘘やごまかしは許されない」

14日から国会会期末まで、毎日の国会への要請行動や集会が計画され、参議院での採決をさせない必死のとりくみが続きます。
もう梅雨入りの時期。「雨はつらいけど、万全の準備であきらめずにがんばろう。」
障がい者にこんな苦労をさせる国が他にあるでしょうか。

総会では、介護保険制度のもとで生活する高齢の障がい者の矛盾、困っているのだと多く指摘されました。
要介護度が「5」と最重度に認定されたTさん。「寝たきりのイメージがあるけど、私は電動車いすに乗って、こうやって総会にも来れる。そんな私のケアプランは立てにくい。障がいのある私には障がい福祉の支援を使えるようにしてほしい。」

驚いたのは、下写真の電動車いすの高性能。スウェーデン産で300万円はする代物。
IMG_0299_convert_20100615120750.jpg

介護保険で毎月のレンタル料は8000円もかかるそうです。
「それでもお金には換えられない。頭まで支える構造で、姿勢がよくなるから肩も首も腰の痛みもやわらぎ、楽になった。疲れたらリフトアップして寝て休むこともできる。これが欧米では無料で使えるのに、日本はお金次第。必要なら保障する社会にしたい」
本当にそのとおりです。

帰り際、男性が激励してくれました。
「がんばってね。小池あきらさんの議席は宝であり、私たちの命綱だから。」

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード