FC2ブログ

市政懇談会を開きました

8月8日、日本共産党市議団主催で市政懇談会を行いました。
暑いなかを、約30人の方に参加していただきました。
IMG_0426_convert_20100809122514.jpg

畠山まこと都政相談室長から、参議院選挙の結果や、公約実現へのとりくみについて市議団が先頭に立って取組んでいくことなど話しがありました。
その後、6月市議会の報告を佐々木市議団長から行い、懇談に入りました。
9月議会は、昨年度の決算が固まることから繰越金を活用した補正予算が提案されます。
市議団はこの間、緊急的な市民要求をまとめ、補正予算に反映するよう、市長に要請することを位置づけてきました。
今年も、8月20日、市長要請を行う予定です。

IMG_0431_convert_20100809122605.jpg

参加者のみなさんからは、多様で、切実な意見も出されました。
いくつか紹介します。
○ゴミ袋代が負担になっている。医療費がかかり、生活が大変なので少しでも負担を減らしてほしい。
○介護保険を利用しているが、まわりには利用していない人多い。申請自体がしづらいのではないか。
○特養ホームの待機者はどんどん増える。お金のある人でないと入れない実態も。
○100歳以上の高齢者の所在不明の報道、コミュニティの再構築が必要。元気で過ごしているのか分かるとりくみを行政にはとってもらいたい。
○女性の若い人にも急増している子宮頸がんを予防するワクチンへの助成を市で取組んでほしい。
○近くにお店がなく、買い物にも不便する「買い物難民」という実態が清瀬にも。何らかの対策が必要。
○商店や自営業者、建設業者などは不況のもと、大変な実態。公契約制度や営業を支える施策の充実を。
○古くからの住宅での自治会は、運営が困難になっている。存続していけるような支援を。
○地上デジタル放送について、全く分からない人がいる。相談窓口をつくるべき。
○小中学校での教育費にかかる様々な負担が大変。
○学童クラブが民間でできるという報道あった。利用料金は高いもの。福祉的視点をわすれないでほしい。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード