FC2ブログ

小中学校 普通教室にクーラーを

30年に一度といわれる今夏の猛暑。7月17日~8月31日までで35度を超える日が市内では12日間、34度台は27日間にもなりました。
9月中旬になってようやく秋らしい涼しさとなりましたが、この夏の猛暑は、危うい日本社会を露呈したのではないでしょうか。
熱中症による死者は、23区だけで130人を超えたといいます。ほとんどが室内で、そのうち6割はクーラーがありませんでした。
日本共産党市議団は、3日の議会代表者会議で猛暑から身を守るために、市民へ注意を促すための広報無線の活用を提案しました。

また、学校に学ぶ子どもたちや保護者、教職員からは、教室がとても勉強できる環境ではないという声が寄せられています。日本共産党は各地で、小中学校にクーラーを設置しようと、署名などの運動を呼びかけています。
23区内では、ほぼ100%普通教室にクーラーが設置されており、三多摩格差となっています。

清瀬市議団は、14日の総務文教委員会で、小中学校の普通教室にクーラー設置の必要性を質問、決算特別委員会でも、補助金を活用して来年度から計画的に設置するべきだと要求しました。
また、緊急提案された「公立小中学校に冷房機設置の推進を求める意見書」(東京都に財政措置を求めるもの)が、全会一致で可決される予定です。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード