FC2ブログ

市政報告会(1月24日)

   1211446888.jpg


 24日午後2時から、清瀬駅北口にあるアミューで市政報告会をおこないました。

 きびしい寒さの日でしたが、大勢の市民の方の参加をいただきありがとうございました。

 最初に12月議会の特徴や政務調査費に対する党市議団の見解、各議員から一般質問の要旨を報告しました。その後、参加したみなさんから、質問や要望が活発に出されましたが、ひとつだけ紹介します。

 病院がたくさんある町なのに、年始に救急車を呼んだのに、受け入れる病院がなかなか見つからず、結果として高齢者の方がなくなるという出来事が起こったことに対して、党市議団はどう考えるという質問がありました。

 この問題の背景に、多摩における専門医を確保した、2次・3次の救急医療体制の整備が遅れているいることが考えられます。

 たとえば、都保健医療公社の多摩北部医療センター(東村山市)は、以前は都立多摩老人医療センターとして高齢者医療を中心に、救急や高度専門医療をにない重要な役割を発揮していました。
 しかし、公社化をすすめるなかで、高齢者医療の比重を切り下げ、効率性・経済性を追求する経営が求められ、おこった出来事は専門医の退職や、退職する看護師の補充ができないということでした。
 昨年末には、人手不足から病棟を一つ閉鎖しなければなってしまいました。

 都立病院から公社病院になったことで、医療機能が縮小してしまい、救急医療にも影響が表れています。
 東京都は都立病院を切り捨ててしまおうとしていますが、その逆に、都民のいのちと健康を守るため、いまある都立・公社病院を生かし、救急医療や高度専門医療をおこなえる体制を確保し、公的責任を果たすことこそ求められています。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード