FC2ブログ

崩れた原発の「安全神話」

今回の大震災の深刻さは、地震、津波に加えて、原発事故が起きたことです。「安全神話」は完全に崩れました。

24日の清瀬市議会の定例会では、今回の東日本大震災での福島第一原子力発電所の事故を受けて、急きょ「浜岡原発の即時運転中止を求める意見書」が提案され、賛成者多数で可決されました。
賛成は、日本共産党、自民クラブ(5人)、生活者ネット、自由民権。
反対は、自民クラブ(2人)、民主党、無所属(2人)
公明党は賛否を表明せず、採決の際、退席しました。

意見書は、福島原発での事故について、情報開示が十分でないことや被害が拡大する憂慮すべき事態だと指摘。
今回の地震が他の地域での地震を誘発する懸念が示されており、とくに東海地震はいつ起きてもおかしくないと言われています。浜岡原発は活断層が直下にあり、事故の危険性が高いとされています。

こうした事態から意見書は、福島原発の事故を教訓に、稼働中の原発の地震並びに津波対策を早急に実施すること、東海地震の震源地に立地する浜岡原発については、運転を即時停止することを求めています。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード