FC2ブログ

国保税 大幅値上げを市が提案

市が第4次行財政改革で値上げ方針を示していた国民健康保険税。
11月、市は国保運営協議会を開催し、値上げ案を提案しました。値上げ規模は3億円にも及ぶ厳しいものとなっています。

市は国保運営協議会(被保険者代表や医師、公益代表の委員などで構成)で、市財政と国保財政の現状を説明し、来年度の国保税率の引き上げ案を提案しました。
国保財政について市は、医療費の伸びを理由に来年度は約5億4千万円もの赤字の見込みだと説明、約3億円の税収増が必要だと強調しています。

改定案では保険税率の賦課方式を変え、応能(所得割り・試算割)応益(均等割・平等割)の割合を現状の64:36から51:49へ、「応益」分を増やすもの。低所得者への影響が大きくなります。
また、課税限度額も政令の定めにある最高額に引き上げます。
その結果、改定率は平均で約20%アップにもなり、所得によっては約32%アップとなる世帯も。
法定減免は7・5・2割軽減へ現状(6・4割軽減)より拡大されますが、すべての加入世帯が値上げを避けられません。
国保加入世帯の75%は、所得200万円以下であり、厳しい暮らしを直撃します。

日本共産党は、景気低迷が続き、貧困と格差が広がるなか、これ以上の負担増には反対です。
国が本来負担するべき国庫負担金があれば、今回の値上げも必要ありません。
清瀬社会保障推進協議会は、国保税の値上げに反対する署名に取り組んでいます。共産党としても取り組みます。
ぜひご協力をお願い致します。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード