FC2ブログ

市役所の耐震化

清瀬市は現在、市役所庁舎の耐震化に向けて、診断を行なっています。12月議会の最終日に、全員協議会が開催され、中間報告の説明が行なわれました。

市役所の本庁舎は築38年が経過しています。耐震性能を示すIS値(構造耐震指標)で、一般的に0.6以上あれば震度6強から7程度で倒壊の危険性は低いとされています。
今回の診断では、2階から4階にかけて0.6を下回る場所があり、暫定値ではありますが、「耐震改修の必要がある」との結果になりました。

3月には最終報告が出ますが、すでに市長は「どちらかというと建て替えの方がいいとする意見が多い」等と発言、約20億円かかる耐震改修に対し、約40億円かかる建て替えを主張しはじめています。
しかし、20億、40億の根拠は何も示されていません。

耐震化は急務の課題であり、また巨額の費用を伴います。拙速に結論を出すのではなく、調査をしっかり行い、専門家を交え市民参加で慎重に検討していくべきではないでしょうか。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード