FC2ブログ

市民の間で広がる放射線量測定

原発事故の放射能汚染に心配は尽きません。
いま、子どものいる母親を中心に独自の放射線量測定が広がり、医療団体や婦人団体も調査を始めています。
 
薬局を運営するエイトライフもその一つ。
線量計(堀場製作所製「Radi」PA–100)を購入し、保健生協組合員による測定を実施しています。
2月8日には、円福寺近くのU字溝内で0・5マイクロシーベルトを超えたため、市の放射能対策本部に報告、後日除染が行なわれました。

2012022013420000.jpg

20日(晴れ、午後1時半~)には竹丘地域での測定に原田も同行させてもらいました。
竹丘地域市民センターの入り口付近の排水溝は、地上5㎝で0,10~0,12マイクロシーベルト。
緑地公園内の木の下では、地上5㎝で0,07~0,08マイクロシーベルト。
一番高かったのは、緑地公園のトイレ裏の雨どい付近で、地上5㎝で0,13マイクロシーベルトでした。

2012022013590000.jpg

除染の基準となる0,23を超える値は出ず、ほっと一安心でしたが、実際に測定してみるのは大切だと実感。
市民レベルによる測定運動で、市を動かしていくことも必要ですね。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード