FC2ブログ

給食食材の放射能検査など視察

報告が遅くなりましたが、5月8日、清瀬市議会議員研修が行われ、
放射能に関わる問題①給食食材の放射性物質検査、②下水処理場の視察と汚泥焼却灰の管理状況、③市内公共施設の除染土の管理状況、の3点を視察しました。

①の保育園や小中学校の給食で使う食材の検査は、明治薬科大学の協力で行われています。
その中心となっている江口教授のお話も伺うことができました。
教授は「放射能はゼロに近づけるべきだが、自然界にもあるもの」と。
「市民による測定で自宅の雨どいや雨水浸透マスから1マイクロシーベルトを超えるような値も出ているが」と質問してみると「それは高いですね。1を超えるとリスクはある。民家内であってもそこに立ち入らないよう措置をして除染するべき」
「雨水が集まりやすい場所にある住宅は個人の責任ではないので、行政としてどう対応するのか基準つくった方がいい」との返事でした。
いま、私有地については市は対応してませんが、やはり除染まで対策を求める必要性を痛感しました。

教授は一方で「たばこや癌、交通事故などのリスクと同様に考えるべきで、いかに回避するかという問題」。
飛行機に1時間乗れば5マイクロシーベルト被ばくするそうですが、これは許容している現状、野菜にもセシウムとほぼ同じ放射線を出すカリウムがあるが日常的に摂取している、と…。
確かにそうです。でも感じたのは、必要のない被ばく、原発事故に由来する放射能だから問題だということ。
自然界にもある、医療でも使う、だから「心配ない」という論は違います。必要のない被ばくは避ける、ゼロをめざす、この立場で行政は対応するべきではないでしょうか。

CIMG0112_convert_20120709113907.jpg

8日は2回目の測定日にあたり、ちょうどちんげん菜や卵など8品目を検査している現場を見ることができました。
1キロ分をミンチ状に細かくして容器に入れ、約20分測定。
下限値は食品によって異なりますが、かなり低い値まで測定できるとのことです。
   CIMG0115_convert_20120709114046.jpg
(中央にある筒状のタッパーに、給食で使用される食材が)

明治薬科大学内にある常時、放射能測定ができるモニターも見せていただきました。
   CIMG0120_convert_20120709114431.jpg

木々や住宅に囲まれた場所で意外でしたが、当初は周辺に何もなかったそうです。
データは10年前のものでもすぐに出せるとのこと。

次に向かったのは下宿にある水再生センター(下水処理場)。
主に下水処理で出る汚泥を処理する「汚泥ガス化炉施設」を見学しました。
    CIMG0122_convert_20120709114610.jpg

ここでは、「下水汚泥を蒸し焼きにして可燃性ガスを生成し有効利用。温室効果ガスの発生を抑制するとともに、再生可能なエネルギーを創出」すると。
燃料ガスによる発電が行われ、この施設の約3割をまかなっています。

問題は、汚泥の焼却灰から高濃度の放射性物質が検出されたことです。
現在はセシウム137で680ベクレル程度ですが、去年の事故直後は2000ベクレル近い値が検出されていました。
焼却灰はセメント化するなど再利用されていましたが、現在はストップ。
東京湾の中央防波堤に埋立て処分となっています。
この措置が始まるまでの約半年分の焼却灰がいまも保管されていました。
これも今年度中には埋め立てられる方針です。
CIMG0124_convert_20120709114814.jpg

最後は、小中学校などでミニホットスポットというべき放射線量が検出された場所で除染した際の土を保管する市の施設を視察。
頑丈な倉庫に鉄板で底と周囲を囲んだ状態で保管されていました。
CIMG0128_convert_20120709114930.jpg

この除染土の処分方法はまだ未定ですが、多くの自治体は埋めています。
共産党は、除染土に含まれる放射性物質を測定し、適切な措置を行うよう求めています。

それにしても、一旦事故を起こすと、途方もない規模で被害をもたらす原発事故。
遠く離れた清瀬市でもこれだけの問題を抱え、日々の食生活や内部被ばくに不安をおぼえる現状です。
一日も早い原発からの撤退を!再稼働などとんでもありません。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード