FC2ブログ

市内民家の土壌の放射性物質を測定

日本共産党市議団は、都議団の協力を得て、市内民家2軒の土壌の放射性物質の測定を行いました。
測定機器は、Berthold Technologies 社製 LB2045

空間線量がいずれも高かった場所を選んで、表土約1㎝をかき取り、測定へ。
雨どい近くの空間線量が0.381μSv/hだったお宅では、セシウム134と137合計で5,346bq/kgにもなる驚くべき結果でした。
もう一軒では、除染のためにすでに土をかき取っていたので、その保管されていた土を採取して測定。
セシウム134と137合計で125bq/kgでした。
表土1㎝くらいが正確に測定できるようです。
それでも100bqを超える値ではあります。

この間、市民による放射線量測定が活発に行われ、ミニホットスポットの存在が指摘されてきました。
市民測定で線量が高い場所については、市が測定を再度行い、必要なら除染するよう求めています。
土壌についても同様に求めていきます。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード