FC2ブログ

防災まちかどチェック

10月6日、新日本婦人の会の若竹班(竹丘地域在住の方が中心の班)が、大震災に備えるには何が必要か、防災まちかどチェックを行いました。私も会員の一人として参加しました。

主には、いざというときの一時避難場所や避難所の確認。
竹丘では、一時避難場所として、竹丘公園や都職グランド、社会事業大学など。
避難所は、第3小学校や第6小学校、竹丘地域市民センターなどになります。

IMG00204_convert_20121010101334.jpg

実際に歩いて市民センターや学校、竹丘公園に行ってみると「案内版がないね」「ここが一時避難場所と知らせる看板はどうしてないの?」と。防災意識をもつためにも、日頃から認識できるように看板は必要だと話題に。

公園などには貯水槽があると聞くけれど…ということから、竹丘の消防署に突撃訪問。
    IMG00201_convert_20121010101820.jpg

職員の方が貯水槽はあっても、飲料水ではないことなど丁寧に説明をしてくださいました。
そして「コンビニが被災時に飲料水など提供するとしている所もあります」と教えてくれたので、竹丘中央通り沿いの近くのコンビニへ。
IMG00202.jpg
ちょっと見えにくいでしょうか…「災害時帰宅支援ステーション」というステッカーが入り口にありました。「災害時には、徒歩帰宅する皆様を支援します」と。
災害時用の電話器も設置できるようです。
ただ、店員さんに聞いても詳細は分からず…「いつ起きるか分からないのにね」とは当然の感想ですが、課題ですね。

       IMG00203_convert_20121010102502.jpg

偶然、設置されたばかりの防災無線も見学。(竹丘2丁目緑地公園の端)
3・11の際、計画停電について情報が分からず、防災無線も聞き取れないと苦情が相次いだことから、去年・今年と予算化され、18基が新設されます。
その他、備蓄品の状況や、避難するまでの経路の安全確認など、今後もチェックしていく予定。
住民自身によるこうしたとりくみも大切だと実感しました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード