FC2ブログ

国保税値下げを 社保協が市と懇談

今年4月から総額3億円、平均20%もの大幅値上げされた国民健康保険税となり、「とても払えない」など悲痛な声が寄せられています。
清瀬社保協は9月26日、市の保険年金課と懇談し、実態を訴えました。
市からは、市民生活部長と保険年金課長らが出席。

IMG00171_convert_20121026152825.jpg

清瀬社保協が行った相談会では、月収約10万円前後の労働者や高齢者が「何とか払ってきたが、もう払えない。生活できない」と訴えるなど、負担の限界を超える切実な実態が浮き彫りとなりました。

懇談では、課長が、昨年度国保会計が黒字となった要因や、医療費が前年度比6%伸びたことなどを説明しました。
社保協の城田会長は「結果は大幅黒字。値上げしすぎたとは考えないのか」と市民の窮状を訴え、税金は応能負担が原則であり、応能応益の割合を5:5にしたことがそもそも問題だと指摘、応益部分の保険税引下げを求めました。

課長は、単年度で見ると実質は赤字などと説明、保険料でまかなう原則から引下げは考えていないと答えるにとどまりました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード