FC2ブログ

総務文教常任委員会視察報告

市議会総務文教委員会は、10月18日・19日の2日間、新潟県長岡市へ行政視察を行ってきました。

今回の視察は、防災をテーマに市立中学校校舎を活用した対策や、災害に強い駅前のまちづくりをについて見学してきました。

長岡市は、中越地震から丸8年が経つなかで、震災後には周辺の11市町村の合併が進み、人口は19万人から28万人になりました。

一日目は、市の教育行政の一環として注目されている「教科センター方式」を取りいれた市立東中学校を視察。
通常中学校は、おもに専科(家庭・技術・音楽・美術など)を学ぶときに生徒たちは教室を移動しますが、この中学校ではすべての教科において教室が決まっています。

そのため例えば1年1組の教室はなく、英語や数学、国語などどれかの教科の教室と共用します。
各教科での生徒たちの移動時間、専用の教室がないことなどへの生徒の居場所の問題、学級運営自体が心配されるなど様ざまな懸案事項があったそうですが、中越地震で一旦、計画は中止。その後、検討し現在に至っています。
また、災害時の拠点となるよう校舎を活用した避難所機能の充実が図られていました。


二日目は、震災の教訓を生かした「震災アーカイブセンター」を見学。
CIMG0317_convert_20121107223431.jpg
    説明を受ける総務文教常任委員のメンバー

なかでも「きおくみらい館」は、震災当時の状況から復興までの詳細が瞬時に分かるよう、ITを駆使した方法などを取り入れ、今後に教訓を生かす拠点として位置付けられていました。
また、合併特例交付金や市街地活性化補助金等を活用して、駅前ビル(デパート・旧国鉄長岡操作場跡地など)は市民に開かれた施設(アオーレ長岡、防災シビックコア地域)などに生まれ変わり、子育て支援室も併設されていました。

      CIMG0320_convert_20121107223618.jpg
      電光掲示板での大きな表示で迎えていただきました

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード