FC2ブログ

年金引き下げはやめよ!陳情を採択

「すでに老後は年金に頼れない。満足な治療もできない実態もある。年金引き下げは中止してもらいたい」
—日本年金者組合清瀬支部は、3月市議会に年金引き下げ中止を求める陳情を提出、負担増に苦しむ高齢者の窮状を訴えました。

今年10月から3年かけて2.5%の年金を引き下げるという安倍政権。
引き下げ理由は、過去の物価下落を年金に反映させず据置いた特例措置の解消です。

陳情が審議された18日、日本共産党の原田市議は「生活必需品の物価は上がっており、引き下げには道理がない」と主張しました。
最終本会議では、自民クラブと「風」の一部の議員が反対しましたが、賛成多数で採択、意見書を可決しました。

実際、年金引き下げの根拠はありません。
物価指数の調査対象524品目のなかで、消費者物価が前年度比10%以上下落したのは、わずか19品目。
薄型テレビやパソコン、ゲーム機など、電化製品が中心です。
生活に欠かせない食料品は下がっておらず、水光熱費やガソリンなどは値上げされています。
何より、医療や介護などの保険料負担は大幅に増えていますが、消費者物価には反映されません。

国民年金の平均月額は、4万9千円。厚生年金でも、女性の平均月額は約10万円です。
年金しか収入のない高齢者にとってはまさに命綱であり、あまりに低い年金の水準を引上げていく対策こそ必要です。

「2%の物価上昇をめざす」安倍政権。
家電製品などは今後も下落すると考えられ、本当に物価2%上昇をめざすなら、食料品などが毎年4%以上のペースで上昇する必要があるとの指摘もあります。
生活保護も年金も削る一方で、物価だけをあげるのでは、生活できません。



スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード