FC2ブログ

小児医療の充実を市長に要請

15日、日本共産党の畠山まこと 北多摩4区都議予定候補と清瀬市議団は、小児医療の充実や特養ホームの増設などを市長に対し、要請を行いました。

 CIMG0736_convert_20130424073100.jpg
   要請書を市長に渡す畠山まこと都議予定候補(左から3人目)と清瀬市議団

2010年に清瀬小児病院を廃止するとの都の方針の下、地域の小児医療の後退が問題となりました。
畠山氏は、住民ぐるみで清瀬小児病院の存続を求める運動を展開、同時に地域の小児医療の充実を求めて、多摩北部医療センターや公立昭和病院での小児・周産期医療の充実を求めてきました。

こうした取り組みのなか、今年4月から、公立昭和病院で「周産期母子医療センター」がスタート。
NICU(新生児集中治療室)やGCU(準集中治療室)と地域の産婦人科が連携できるようになります。

それでも多摩地域のNICUは大きく不足しています。
畠山氏は「地域の小児医療は東京都の責任で充実させていく必要がある。小児科のある多摩北部医療センターにNICUを設置することや、小児外科がないため不便をしている実態もあり、市長から充実を都に働きかけるべき」と申入れ。市長も「意見はあげていく」と応えました。

その他、待機が深刻となっている特別養護老人ホームの増設を要請。
都に対して、都有地の活用や用地費・建設費・運営費などの補助を充実させるよう意見をあげることを求めました。
また、原発事故から2年が経過しても放射能汚染の深刻な実態が広がっていることから、夏を迎える前に、高線量が一部の地域で見つかっている空堀川の周辺を、清瀬市内でも測定するよう要請。
市は、柳瀬川は測定済みとし、空堀川も測ってみたいと応えました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード