FC2ブログ

許されない橋下氏の暴言

「金学順(キムハクスン)さんが日本の軍人に無理やり連れ去られたのは17歳のときでした。姉とともにトラックに乗せられ、空き家で服を引き裂かれ、犯されました。殴られ、蹴られ、殺すぞと脅されながら。それから毎日、軍人の相手をさせられました▼金さんが勇気をふるい、日本軍の「慰安婦」だったことを証言して以来、同じ被害にあった女性たちが次々に声をあげます。だまされ、暴力によって拉致され、地獄の日々を強いられる。ほとんどが未成年でした▼日本軍が組織的につくった慰安婦制度。その狂気を維新の会の橋下徹代表が「必要だった」と肯定しました。もともと他人の痛みや人権感覚に乏しい人物だと思っていましたが、ここまでとは▼(中略)「ほんとうに人間の血が流れているのか」(市田共産党書記局長)。人間の尊厳を奪われた彼女たちに少しでも寄り添えば、口が裂けてもいえない言葉を平然と口にするのですから▼慰安婦問題では安倍首相や閣僚からも歴史に反した言動が相次いでいます。程度の違いはあっても、戦争責任への無反省さが土壌にあります。「私を17歳に戻して」。いまは亡き金さんらの心の叫びを聞けない国になっては、世界から孤立するだけです。」
(しんぶん赤旗「潮流」5月15日付けより)

少し長い引用になりましたが、読んで涙が出ました。
女性は性のはけ口となって当然という、これほどの侮辱はありません。
国内外から厳しい批判にさらされても反省しない橋下氏。一言の批判もしない安倍政権。我慢ができません。

いま、平和憲法を改悪して自衛隊を国防軍にし、海外での武力行使(集団的自衛権)も認めようという自民と維新。その突破口に憲法96条の改憲手続きの緩和を、参院選では争点にするといいます。
このきな臭い動きのなか出てきた「軍と売春はつきもの」…いよいよ憲法改悪を許すわけにはいかないのではないでしょうか。

侵略戦争で筆舌に尽くしがたい被害を与え、自らも被爆国となり、「二度と戦争はしない」と誓う憲法9条のもと再出発した日本。
歴史を逆行する暴走を許さない審判を、都議選、参院選で下しましょう。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード