FC2ブログ

平和をねがう女性のパワーで!

5月26日「女性が輝くあたたかい都政をつくるために」をテーマに、都議選での前進をめざして女性のつどいが開催されました。
日曜日の午前中にもかかわらず、約140人もの方が参加。さわやかな歌声のコーラスで始まりました。

いよいよ6月14日告示ではじまる都議会議員選挙。その直後には参院選も控えています。
暮らしが追いつめられ、平和を脅かす動きも広がるなかでの選挙です。

平和をねがう女性のパワーで、何としても日本共産党の畠山まこと(北多摩4区都議予定候補)を都政に押し上げようと、新日本婦人の会中央本部内の日本共産党後援会の笠井貴美代さんがかけつけ、お話ししてくださいました。

笠井さんは、「女性として許せないこと」を3つのテーマで講演。
1つは、日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長の「慰安婦は必要だった」という発言。
日本全国の女性団体から、世界から、抗議の声が後を絶たない状況にあるほど、異常で許されない発言だと指摘。
そして、海外では、橋下氏個人の問題ではなく、安倍首相の過去の侵略戦争を美化する発言や、靖国参拝などのうごきと一体に報道されており、安倍政権は「ウルトラ・ナショナリスト」と批判されていることを紹介しました。

2つは、安倍政権の「成長戦略」において、女性を利用していること。
男女平等の観点はなく、経済成長のための人的資源としての「女性活用」でしかない、と批判しました。
日本では、子どもと女性の貧困が他の先進諸国と比べても、異常に多いと指摘。
母子家庭が働いていても貧困から抜け出せないことや、女性の老後のくらしの厳しさなど、女性の人権を守り、これらの問題が解決できる政治こそが必要だと呼びかけました。

3つは、平和を脅かすうごき。
笠井さんは「自衛隊を国防軍にして、武力行使に出かけていくのは、決して安倍さんじゃない。私たちの子どもであり孫の世代です」。
「国会の憲法審査会で、9条を守れと主張し、私たちの願いを代弁しているのは日本共産党の一人しかいない。「1:49」という状況です。共産党をもっともっと大きくして、憲法を守る勢力を大きくしましょう」。

北多摩4区の畠山まこと都議予定候補も、力強くあいさつ。
消費税増税や、原発の再稼働・海外への輸出まで進めようとする安倍政権の姿勢など、国民のねがいと相反する状況を根本から変えようと訴えました。

また、4年前の都議選で大きな争点になった清瀬小児病院の存続問題では、結局民主党が公約を裏切り、廃止に手をかしたことを批判。
「子どもを安心して産み育てられる環境の充実へ、引き続き小児医療の充実を求めていきます。この仕事は、小児病院廃止を容認した現職都議2人にはできない。ぜひ私を都議会へ送って下さい」。


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード