FC2ブログ

市役所の耐震化 市は建て替え方針

清瀬市役所 市は建て替え方針

6月に行われた市議会の最終日、耐震化が必要となっている市役所庁舎について、市長から方針が示されました。

約1年にわたり耐震化の方法を検討してきましたが、結局市長は「建て替え」を選択。
今後、市民説明会を行い、来年にかけてどんな庁舎にしていくのかの基本設計・実施設計を決め、2015年から19年まで工事する計画です。事業費概算は約32億円。

共産党市議団は、現在の庁舎を生かして、耐震化と大規模改修を兼ねる耐震改修を選択するべきだと考えます。
大規模改修でも、事業費は約18億円(プラス第2庁舎建設で5億円)かかりますが、かなりの改修が可能で、もちろん耐震化もできます。
清瀬市民センターが、清瀬けやきホールに生まれ変わったのも、大規模改修工事でした。

去年、国保税は平均20%も値上げされたばかり。今年は保育料値上げが検討されています。
市民への負担増を強いながら、なぜ建て替えなのか。
また学校や他の公共施設は、建て替えではなく耐震改修です。

ぜひ市民のみなさんのご意見をお寄せください。
議会では庁舎耐震化の特別委員会の再設置を求めて、議論をつくすよう求めます。

竹丘学童クラブ耐震化へ

庁舎と同じく耐震診断によって工事が必要となった竹丘第一・第二学童クラブの改修が決まり、補正予算が計上されました。
工期は9月から12月を予定、児童のいない午前中に工事を集中させ、安全対策を徹底することを確認しました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード