FC2ブログ

オスプレイNO!外務省へ申入れ

沖縄県宜野湾市の米軍普天間基地に、垂直離着陸機MV22オスプレイ配備を強行したのに続いて、今度は米空軍仕様のCV22が、横田基地などに配備検討されていると報道されています。
8月22日、日本共産党都委員会・都議団・区市町村市議団は、日本への配備検討を中止・撤回するよう米国政府に求めるよう、岸田文雄外相あてに申し入れました。

__-1.jpg

申入れでは、都委員会の望月康子副委員長が「米国内では、クリアゾーンとして公共施設など禁止している範囲内に、横田基地では小学校や病院などがある。危険な横田基地にさらにオスプレイを配備することは許されない」と批判しました。

外務省担当者は終始、「米国側からオスプレイの配備について、いかなる決定もおこなっていないと聞いている」と繰り返すのみでした。
 
横田基地近隣市の市議団からも、相次いで意見が出されました。
武蔵村山市の尾崎市議は「市がおこなった調査では、横田基地の米軍ヘリコプターは、すべて航空法で定められた最低安全高度を下回る違法飛行をおこなっている。こんなことを放置している国を信頼する事ができない」と検討の撤回を求めました。

立川市議、あきる野市議は、住民には何も知らせないで降下(パラシュート)訓練等が行なわれている実態などを告発、「国民の命、安全が脅かされている」と訴えました。

申入れには、国会議員の笠井亮衆議院議員、田村智子参議院議員、吉良よし子参議院議員、
都議会議員は、尾崎あや子都議、清水ひで子都議などが参加しました。
清瀬からは、は佐々木あつ子市議が参加しました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード