FC2ブログ

清瀬社保協が対市交渉

医療や介護、年金、子育て支援など、切実な要求を掲げて毎年行う清瀬社保協の対市交渉が17日、中清戸市民センターで行われました。12人が参加しました。

 IMG_2163.jpg

冒頭の挨拶で城田会長は「年金削減など現役世代も含め収入は減る一方なのに、消費税や負担増ばかり。
貯蓄のない世帯が31%、高齢者では50%にのぼる。
身近な市施策によって生死が左右されるといっても過言でない状況。
ぜひ切実な声を聞き、予算に反映してもらいたい」と述べました。

昨年度から値上げされた国保税について、医療費の見込み違いから黒字となったこと、黒字分を一般会計に戻したことなど、参加者は「納得できない」「反省を求めたい」と次々発言し、説明を求めました。
市は「繰入れをしているので黒字とは認識してない」「今年度は医療費が6%程伸びる状況」と厳しさを強調するのみで、国保加入者がどれだけ重い負担に苦しんでいるかに、言及はありませんでした。

他、生活保護の改悪を受けて、いわゆる「水際作戦」をしないこと、介護保険での施設不足から「お泊まりディ」の実態の深刻さ、高齢者見守りでの自治会の関わりなどの課題、年金削減について国にやめるよう意見を上げてほしいなど、切実な願いへの対応を求めました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード