FC2ブログ

市が保育料値上げを検討

昨年末、保育料値上げについて検討してきた使用料審議会が、市長に答申を行いました。
児童数の多い所得階層の例では、年間6千円もの値上げになります。

市は、効率的な行政運営のためとしてすすめる第4次行財政改革の中で「受益者負担の適正化」を重要施策と位置づけています。
保育料もその対象とし、昨年8月に使用料審議会を設置、5回にわたって保育料値上げについて検討され、12月末に市長に答申されました。
使用料審議会の答申はこちらから。 

保育料は、家計負担を抑えるために、多くの自治体が国基準の徴収額より低く設定。
清瀬では国基準の47.6%としています。今回の値上げは、この割合を49%へ引上げるものとなっています。

所得税非課税世帯など低所得世帯の保育料は据え置くものの、児童数の多いD7—1階層(所得税7万2千〜9万6千円)では年間6千円の負担増になります(3歳未満児)。
所得階層は現行22階層から26階層へ細分化しています。

保育料値上げを計画する4月は消費税増税も予定されており、子育て世代の暮らしを直撃します。
子育て支援を市政の重要課題としながら、行革の一貫で保育料の値上げを強行するなど許されません。



スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード