FC2ブログ

集団的自衛権NO!きよせ怒りの集会

6月26日、毎年恒例の「きよせ怒りの集会」が今年も開催されました。
今回は、安倍政権が前のめりに進めようとしている、集団的自衛権の行使容認について、弁護士の池末彰郎氏を招いて、講演がメインです。
 IMG_0298_convert_20140703001708.jpg
        会場は座りきれず立ち見の方も出るほど満杯に。

池末弁護士のお話しは、本当に怒りをもっての告発でした。
「集団的自衛権は、自国が攻撃されていなくても戦闘に参加するもの。
自衛ではなく、集団的侵略権・集団的攻撃権ともいうべきものだ。
だから自民党の歴代政権は、憲法9条のもと、認められないとしてきた」

「集団的自衛権は、『どうぞ日本を攻撃して下さい』と言うに等しい。
日本から攻撃しないかぎり、他国が日本を攻撃することは許さない(侵略戦争の禁止、国連憲章、パリ不戦条約)が、集団的自衛権で戦闘に加わった途端、敵となった国は、日本の領土を攻撃することができる。
それがなぜ、わが国の安全を守ることになるのか。
他国の戦争に巻き込まれてしまう。憲法9条がそれを許すはずがない」

講演後の質問タイムで「この暴走をどうしたら止められるのか」の質問に対する答えは、
「やはり、小選挙区制を変えることが必要でしょう。
約4割の得票で、8割の議席を得てしまう。大政党に有利で、一党独裁を続ける手段になっている。
中選挙区制に戻す、あるいは比例を中心にすることが必要です」

民意がストレートに反映できる選挙制度にしなければ…本当にその通りだと痛感しました。

 IMG_0303_convert_20140703001742.jpg
       連帯のあいさつをする日本共産党市議団の佐々木市議

講演後は、集まった労働組合や民主団体が次々と発言、問題の告発や憲法まもるとりくみを広げようと呼びかけました。集会として、集団的自衛権行使容認に反対する「緊急決議」を採択!
日本共産党清瀬市議団も4人全員が参加しました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード