FC2ブログ

子ども子育て支援新制度の説明会

市は7月27日、来年度から始まる「子ども子育て支援新制度」の説明会を開催しました。
乳児をつれて参加した保護者の方々からは、質問や意見が活発に出されました。

この新制度は、これまでの認可保育制度をこわし、保育に企業の参入を許すもので、日本共産党は当初から反対してきました。
しかし、国会で子ども子育て支援法が成立し、認定こども園の普及を中心とした保育・幼児教育の体制づくりが行われることになります。
また、乳児を対象とする「地域型保育」が導入され、小規模保育や家庭的保育(保育ママ)など、これまで認可されてこなかった体系も、自治体が認めれば、補助金の交付対象となります。

各自治体ではいま、こうした地域型保育などの運営に関する基準案をつくっており、清瀬市でも9月議会に提案される予定です。
この基準案について、パブリックコメントが8月4日まで行われています。
どの保育事業であっても、現在の認可保育所と同等の水準が確保される必要があります。
しかし、清瀬市ではそうなっていません。
例えば、小規模保育のB型、C型は、働く職員がすべて保育士でなくてもいいとされます。
うつぶせ寝などによって、死亡事故が多い乳児において、こんな職員配置が許されるでしょうか。
その他、面積基準や、保育料の上乗せ徴収、就労時間によって保育時間がどうなるのかもあります。

市民説明会では、新制度の説明が中心となり、基準案については「国基準どおり」としてその内容すら示されませんでした。
理由について市は「現在、パブリックコメント中なので、そちらで見てもらいたい」の一点張り。
参加者からもさすがに「日曜の昼間、時間を割いて来ている。意見を聞くチャンスとして捉えて、資料を配ってほしい」
「バブコメはまだまだ敷居が高い。小さい子を抱えて時間もとれない」など、意見が出されました。

新制度自体が、まだまだ知られていないことも痛感した説明会でした。
市は、8月9日(土)午後7時〜竹丘地域市民センターでも説明会を行います。
ぜひ参加しましょう。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード