FC2ブログ

辺野古、川内原発など意見書が否決に

本日26日、清瀬市議会の第3回定例会が終わりました。

日本共産党が提案していた意見書4本は、すべて否決されるという残念な結果となりました。

特に、11月の沖縄県知事選挙を控えて、重大な局面に入っている辺野古のたたかい。
日本が戦争できる国づくりへと暴走するなか、新基地の建設問題は、沖縄だけでなく日本全体に問われています。
「辺野古への新基地建設の中止を求める意見書(案)」は、公明党が賛否の態度表明はできないと退席。
賛成は日本共産党(4人)、民主党(2人)、ネット(1人)。
反対は自民クラブ(6人、療養のため欠席1人)、無所属(1人)。
可否同数のため、議長採決となり、結果、否決されました。
オール沖縄で、党派のちがいを超えて基地建設に反対する世論に背を向ける自民クラブには、本当に怒りを感じます。

他、「川内原発の再稼働に反対する意見書(案)」は、自民・公明・無所属が反対し、否決。
「子どもの貧困対策法の具体化を求める意見書」は、可否同数となり、議長採決の結果、否決。
 (賛成は、日本共産党4人、民主党2人、ネット1人、無所属1人、自民ク1人)

「精神科病院の病床を居住系施設に転換することに反対する意見書(案)は、自民・公明が反対し否決。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード