FC2ブログ

米軍・大和田通信基地めぐり

「清瀬ひまわりフェスティバルが、米軍・大和田通信基地の中で開催されていることをご存知ですか」と8月31日、同基地めぐりを呼びかけたのは市内在住の有原誠治アニメ映画監督と練馬平和委員会。

(以下は、有原さんの呼びかけより)
ふだんは武蔵野の雑木林と農村風景を色濃く残す、牧歌的で平和な場所です。
でも、いったん戦争状態になれば敵ミサイルのターゲットとなる米軍通信基地です。
集団的自衛権が行使されれば、その危険性が現実のものとなります。
特定機密保護法が施行されれば、カメラを持っての散歩も叶わなくなるかもしれません。
8月の終わりに、平和の象徴であるひまわりと軍事基地を見学しながら大いに語り合いましょう。

当日は、清瀬や練馬、所沢から22人が参加、原田も参加しました。

IMG_0570_convert_20141006143340.jpg
(いびつな枠で囲まれた部分が通信基地。この一部でひまわりフェスが開催されている)

有原氏は「集団的自衛権を認めれば、基地はターゲットにされる。日常に溶け込み慣れてしまっている大和田基地を再確認し、平和を考えましょう」と話し、基地中心部やアンテナを確認しながら歩きました。

IMG_0577_convert_20141006143723.jpg

31日はひまわりフェスの最終日。お天気にも恵まれ、大勢の方で賑わっていました。そして、平和の象徴のようなひまわりが満開。
その景色に感激してすぐ、広大な基地の実態に驚愕でした。
基地中心部以外は民家や農地、公園等で、基地とは思えない風景です。

IMG_0581_convert_20141006144014.jpg
 (農地の一角に残る石碑。「海軍用地」とあります。通信基地となる前の名残)

IMG_0587_convert_20141006144056.jpg
   (農地を通り過ぎると、フェンスで区切られた通路がずっと続きます)

  IMG_0602_convert_20141006144136.jpg
   (昨年に建てられたというアンテナ。全部で5本。機能は強化されている)

   IMG_0596_convert_20141006144218.jpg
  (基地中心部には、広い敷地に建物がポツンと。番犬がさみしそうに寄ってきた)

 ŽÊ+3_convert_20141006144332
       (基地内には、こうしたアンテナがいくつも)

 ŽÊ+4_convert_20141006145716
  (新座市の総合運動公園。たくさんの子ども達がサッカーを。ここも基地のなか)

大和田通信基地は、本当に日常の風景のなかにありました。
基地の内部に、多くの民家、農地、運動場…
知り合いが住んでいるという女性は「屋根にテレビのアンテナ建てるだけで、アメリカの許可がいるとのこと。電波障害を起こす可能性あれば、規制されて、3階以上のものは建てられないとか」と。

日本が海外で参戦する事態となれば、攻撃対象になる…考えただけで寒気がします。
戦争への道を許さず、基地撤去の声をあげなければと痛感しました。

 

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード