FC2ブログ

戦後70年の今年、決意新たに

2015年、新しい年を迎えました。
今年は、あの戦争から70年。ヒロシマ・ナガサキからも70年の節目の年です。
くらしを応援する政治、憲法9条が輝く政治をめざして、今年もがんばります。

1月3日、清瀬市議団は年始のあいさつを市内全域をめぐって行いました。

 DSCF1069.jpg
 左から、佐々木あつ子市議、深沢まさ子市議、山崎美和市議予定候補、原田ひろみ市議

日本共産党は、総選挙で21議席へと躍進した力を活かして、安倍政権と正面から対決し、対案を掲げて、国民のみなさんとの共同を大きくすすめ、安倍政権の暴走ストップへ全力を尽くします。

そして、今年4月には、市長・市議会議員選挙が行われます。
清瀬市政においても、市民の声に聞く耳を持たない自公などの対応は、目に余ります。

12月市議会では、高すぎる国保税の引き下げを求める請願、駅南口地域に児童館・多目的施設の設置を求める請願、原発の再稼働を許さず原発ゼロを求める陳情が、いづれも自公などが反対し、否決されました。

そして、日本軍「慰安婦」問題を否定し、河野談話の根拠はなくなったと主張する意見書が、自公によって可決されるという事態となりました(女性議員は退席)。
この可決により、2008年に清瀬市議会があげた、「従軍慰安婦」問題の解決を求める意見書が、撤回されてしまいました。
歴史の逆流に加担した自公の姿は、本当に恥ずべきものではないでしょうか。

 FullSizeRender-14.jpg
 12月議会を傍聴し、歴史の事実の歪曲に手を貸した自公の姿にショックを受けた、こんなことが許されるのかと訴えた、山崎美和 市議予定候補。宇野かつまろ市議からバトンタッチします。

こうした動きを許さず、市民の皆さんの願いがまっすぐ届く、清瀬市政の実現へ、決意を新たにしています。
多くのみなさんと一緒に力をあわせ、がんばります。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。

DSCF1145_convert_20150105094626.jpg



スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード