FC2ブログ

市民の声が届く市政へ

1月24日に行った日本共産党清瀬市議団の市政報告・懇談会には、30人を超える方にご参加いただきました。
ありがとうございました。

 IMG_2227.jpg

12月市議会の報告を各市議から報告し、質問や意見を交換しました。

3100筆以上の署名とともに提出された、国保税の引下げを求める請願が、共産党以外の他会派が反対して否決したことに、まず怒りの声があがりました。
「国保運協でも議会の委員会でも、値上げの必要はないと主張したのは共産党だけ。実際、会計は黒字で、その分を一般会計に戻すなんて良いのか」
「市民はほとんど知らない。国保は赤字だ赤字だと市は強調して、また値上げに持っていくのでは。値上げされたことから今日の経過まで、市民に知らせ、値上げが繰返されないようにしてほしい」。

介護保険制度の改悪にも不安の声が。
「要支援の人と言っても、介護の支援が必要な人たち。なのに保険からはずされたらどうなるのか。保険料を払っているのに、介護保険自体を利用できなくなるのでは、と不安」
「市民の善意であるボランティアに、介護サービスの代わりを行政があてにするなんて。命に関わることだってある。おかしい」
「特別養護老人ホームをぜひ増やして。老老介護の家庭は多く、みんな疲れきっている」

「従軍慰安婦」という問題があったことを否定する陳情と意見書が採択されたことについても、多くの方から意見があがりました。

議会傍聴を出来るかぎり行っていく必要がある、との発言や、どうしたら選挙の投票率を上げることができるのか、議会の傍聴に行った市民への対応(音が聞こえにくい、資料の不足など)についても充実を求める声が寄せられました。
市議会を市民に開かれた場所に。そして、いま起きている問題を共有し、力を合わせることで、市民の声が届く市政へと変えていこうと、参加されたみなさんの意欲を感じ、とても励まされました。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

jcpkiyose

Author:jcpkiyose
日本共産党清瀬市議会議員団のブログにようこそ!!

 市民が主人公と実感できる市政の実現のため、東京都清瀬市で活動している日本共産党議員団です。

リンク
ブログ内検索
最近の記事
訪問者数
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード